ゲームレビュー メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ


amazon/PS4
タイトル メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ
機種 PS4//PS3/XBOX360/XboxOne/PC
発売日 2014年3月20日
開発 小島プロダクション
販売 コナミデジタルエンタテインメント
総プレイ時間 約40時間
トロフィー/実績取得率 100%
個人評価ランク C

~今までのゲームレビューリスト~








何度かプチ攻略記事として記事を書きましたが

当時攻略記事を作製するので力尽きレビュー記事を

作る気力がなかったのですが、今更ながら書こうかと思います。

なお、PS3版と箱○版と2機種プレイしました。






 概要とか


ストーリーとしてはPSPやPS3/Xbox360版で発売された

MGSPWの続きということでPWに登場したキャラクターも多く出てきます。

また今作はMGS5の序章ということで

MGS2のタンカー編やMGS3のバーチャスミッションと似たような物と思えば

過去作をプレイしている人なら分り易いのではないかと思います。



 スピード感や爽快感が感じられるシステムに


MGS2では主観、MGS3ではCQCなど

作品ごとに新たな物が取り入れられているシリーズですが

今作では操作が結構変わっています。


殆どにおいて動作からの動作がスムーズに行えるようになっていて

例えばダッシュで駆け抜けて物陰に飛び込んで

そのまま匍匐で進んで行ったり、ダッシュ時の演出効果も新たに加わり

どのシリーズ作品よりも疾走感があります。



また未発見時(厳密に言うと違うけど)に敵に発見された場合に

スローモーションになるリフレックスモードなる物が搭載されています。


ステルスという要素を否定してしまうかもしれませんが

今までは見つかったら、すぐ警戒態勢になり

結構、面倒くさい事になってしまっていましたが

スローモーションになり、麻酔や武器等で寝かすか倒すなどして

即警戒態勢という状況にならなくなり

またスローモーション中ならある程度の多人数も対処出来るようになりました。


難易度が低下しますが、プレイヤーに選択肢が増えたのは

良い事だと思いますし、見つかっても

カッコイイ感じの演出により、対処出来るので

操作が苦手なプレイヤーも遊べ、間口が広くなったことは良いと思います。

またゲームに慣れているプレイヤーに対しても配慮がされており

リフレックスモードがオフにも出来るので

アクションが得意で無い、また最初はオンにし

慣れてきた、アクションが得意な人はオフにと

住み分けが出来ているのが良いです。


あまりステルス重視にすると、自分なんかは嬉しいですが

一般的には受けが良くなくなりますし

かといって敵を倒しまくるのはステルスと呼べません。

とは言え、敵を倒したいと思うユーザーや

海外向けなんかを考えると、倒すという要素も無視出来ないところで

ステルスしたいという人と敵を倒したいという人の

相反する要素をリフレックスモードによって

両方の欲求を上手く満たすことが出来ているのではないかと思います。


まぁ時間がゆっくりになる系はマトリックス以降

既出と言えば既出なんですけど…。



また他には今までのシリーズだとMAP切り替えなどで

狭い範囲の短いスパンでのルート検索や敵と

戯れる事の繰り返しでしたが、オープンフィールドという要素も相まって

1つのミッションの最初から最後までのルート立て(カッコよく言えば作戦)の組み立てと

飛び込みやダッシュ、リフレックスモード等のアクションの一新により

立ち止まり対処し、少しずつ進んでいくという遊び方から

あまり止まること無く流れる動きで攻める事が出来、ゲームテンポは結構良いと思います。

(勿論、操作に慣れているというのが前提ですが)


 人によっては賛否が分かれる内容


残念だった点にも書きますが

序章ということもあり、短めのメインのミッションと

同じマップによるターゲットや目的が違うSIDE OPSと呼ばれる

数種のミッション構成になっています。

ミッションに関して、どのルートで潜入したら良いかの試行錯誤や

タイムアタックでどれだけ時間を縮められるか、だったり

敵のNPCの行動パターンの解析により最短ルートを模索したりするのが

自分は面白いと思ったのですが

こういったトライ&エラーだったり、やり込み系に興味が無い人に

とってはかなり短い内容になるので

プレイスタイルによって評価が分かれるゲームではないかと思います。


またMGS2のタンカー編やMGS3などであった

遊びの要素が好きで

PWやMGS4では減ってるように感じられ残念に思っていたのですが

GZではエクストラミッションなどで

かなり遊び要素が強くなっているので嬉しい点でした。






■残念だった点


 ボリュームの無さ


発売決定の話しを聞いた時に、嫌な予感はしました。

以前E3でデモプレイとして発表された基地っぽいところだけなんじゃないの?

とか思ってたら見事にその1ステージしかありませんでした。


もうかなり前のことなのでMGS2やMGS3の初期ミッションは

どれくらいのボリュームがあったのかうる覚えで

恐らくMAPの広さ等は同等以上くらいな気がしますが

旧世代機と比べると、前世代機や今世代機のスペックに見合っていない

物足りなさがあります。


ストーリーの内容の薄さや本編中の遊びの少なさなど

どうにも印象に残らない内容で、本編以外の他のミッションを

Sランクを目指したり、最適ルートの模索やタイムアタックに挑戦すれば

そこそこ遊べる内容なのですが、ストーリーしか興味ない人にとっては

ストーリーの薄さや短さに不満を持つのではないかと思います。

また本編が好きな人にとって先行して物語を知ることが出来るという点においても

MGS5ファントムペインに繋がるGZの結末が、既に公開されているPVに若干出てきているので

プレイしたお得感みたいな物を感じることが出来ないというか

別にゲームプレイする必要があったのだろうか…?と思う人がいるかもしれません。

冒頭に書いたプレイ時間は2機種含めての時間なので

1機種だけでしたら、そこそこやり込んでも15時間行かないんじゃないくらいかと思います。


 操作性について


以前のシリーズと比べると、操作に関しては

スムーズに行えるようになり、良かったのですが

それに合わせてか、シリーズ恒例とも言える、壁に張り付く動作が

ボタンでは無くなり、自動で行われるようになってます。

これが精度がすごく高いものであれば、問題は無いのですが

張り付いて欲しい時に張り付いてくれなかったり

張り付いてほしくない時に、張り付いたりと

アクションゲームにおいて、もっと言えばステルスという

敵に見つかってはダメという最も大事な部分を担うアクション動作において

自身の操作ではなく、システムに任せるというのは如何なものかと思いました。

ボタン数が足りないとか、わざわざボタンを押す手間を減らし

スムーズな操作性を実現させようとしてるんだとか

決して悪い。とは言い切れない点もありますし

GZにおいては張り付きミスのせいでリトライというのも少なかったので

悪い点とも言えないかもしれませんが、今後発売される

TPPにおいて、ここの調整をしくじると、悪い方にこける可能性があるのが懸念点かと思いました。




 その他、個人的にダメだった点


人によって遊び方は様々ですが、高ランクを取得する為には

ステルスゲーだけあって、基本ノーアラート、ノーキルが必要になってきます。

物凄い早さで殲滅してクリアーする取り方もありますが

早さにしろステルスにしろ、自分でルートを見つけたりの試行錯誤のリトライや

ちょっとしたミスでアラートになり、やり直しだったりが

プレイ中多くなるかと思われますが、そんな中、無線の音声がスキップ出来ないのが

何回も同じことをずっと聞かされていてうんざりしました。


前シリーズは、わざわざ無線を開かなければ話しは聞けなかったので

今作は無線画面を開かずに、スムーズなゲーム展開にはなっていますが

前シリーズではスキップが出来たのに、今作は出来ず

言うならば、死にゲーでムービーがスキップ出来ないのと一緒で

ストレスを溜める仕様なんじゃないかと思います。


スキップは無理だったんなら、せめて無線音声のボリュームを変更出来るとか

設定を付けて欲しかったです。


たかが無線聞かされるだけで、文句かよ!と思われるかもしれませんが

何十回というリトライを繰り返して、同じことをずっと聞かされるのは

本当にイライラしてくるものなのです…。





■総括

正直な所、MGS4や外注のライジングなど

もうシリーズも終わりかと若干諦めモードになっていましたが

MGS4のコレジャナイ感を払拭出来る過去のMGSっぽい作品だと思いました。

ただ前述した通り、やり込みが楽しめるか否で

このゲームの満足度は変わります。


またこのボリュームで定価が3000円と

普通のフルプライスゲームの1/3程度の価値があるのかどうかは

人によりますが、ファントムペインでフルプライス分また払うと思うと

若干高い気もしないでもないです。


ファントムペインにも付いてくるとか付いてこないとか、確定情報は無いですが

もし付いてくるなら先にプレイ出来て良かったと思わせる物がもっと欲しかった所もあります。

ただDL版がたびたびセールになってたりしますし

Steam版も割と安価なので

1000円から2000円の範囲なら十分お得感があるとは思います。

最早、数少ない和ゲーの大作の1つなのでファントムペインは

是非とも頑張って欲しいところです。




メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版

コナミデジタルエンタテインメント 2014-03-20
売り上げランキング : 252

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き)メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版(初回生産限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能なマザーベース スタッフDLC同梱&Amazon.co.jp限定特典:本篇『MGSV:TPP』で使用可能な特殊ダンボール箱DLC付き)

コナミデジタルエンタテインメント 2014-03-20
売り上げランキング : 301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ 通常版

コナミデジタルエンタテインメント 2014-03-20
売り上げランキング : 4047

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター