ゲーマーにはあまり楽しめなかった… ゲームレビュー ドラゴンクエストヒーローズ

DQHタイトルドラゴンクエスト
ヒーローズ
闇竜と世界樹の城
機種PS4/PS3
発売日2015年2月26日
開発コーエーテクモゲームス
販売スクウェア・エニックス
総プレイ時間約38時間
トロフィー/実績取得率64%
個人評価ランクC

~今までのゲームレビューリスト~









久々のPSプラットフォームで発売されたドラクエタイトル

コエテク開発の無双系ぽかったので

正直最初はあまり購入意欲が沸かなかったのですが

キングヒドラとの戦闘ムービーを見て

こんな巨大ボスとの戦闘もあり、単なる無双系じゃないのかと思いプレイしてみました





 プレイする前から感じたドラクエらしさ


最近色んな本を読んで気付かされた事なのですが

ドラクエの良さというか凄さを感じるのは

ユーザーの事を考えられて作られており

わかり易さ、使いやすさなどが受け継がれている作品だと思っています。

開発がコエテクになっても、踏襲されており

ゲームを始める前に気づいたことが1点あります。


"それはインストールが無い事"

ドヤ顔で文字強調してまで "ない" と書きましたが

知人にPS4版はあるよ、PS3はないんだ?と言われ自信が無くなり

データ見てみたら普通に1GB程インストールされてました…

インストールが "ほぼ無い" ということで許してください…

間違った情報を記載し本当にすみません(2015/03/10追記)




HDDにインストールして読み込みを早くするのが

昨今のPSプラットフォームの主流となっておりますが

DQHは珍しくインストールほぼ無しとなっております。

ゲーム機を起動し本体のアップデートがあって

終わったらHDDにインストールしてトロフィーをインストールして…と

ゲームを始める前に時間が掛かり過ぎて気軽に遊べず、カセットROM時代の

プレイヤーだったり、今なら手持ちのスマホですぐプレイ出来るといった

ソーシャルの強みの1つだったりを旧来のドラクエプレイヤーや

ライトプレイヤーなどを考慮して上でのインストールがほぼ無しに

なっているんじゃないかと関心しました。

まぁそれがそれを考慮したからかどうかは開発者しか分かりませんけどね…。

それと逆にインストールしないことによって

PS3版ですと読み込みがやはり若干遅い気はします。

ですが、旧来は全滅すると教会まで戻されるのがドラクエのセオリーですが

この作品は全滅してしまった時でも

経験値やお金を引き継いだまま何度でもリトライ可能でロードもないので

1ミッション読み込んでしまえばロードの遅さに、そこまでストレスは感じません。


何よりゲーム中で若干のイラツキを覚えるより

ゲームを早く起動出来、プレイしてもらう事の方が大事なのではないかと思ったりします。

そんなインストールだったりロードの読み込みタイミングだったり

ゲームの面白さとはちょっと違う点ですが

ドラクエらしさを受け継ぎ、ユーザビリティが高い点には関心しました。



 懐かしのキャラが使える楽しさやド派手な攻撃の気持ちよさ


キャラ色が強くなった4から8までのキャラを操作出来るというのは

やはりDQをプレイしてきたプレイヤーにとっては嬉しい点。

キャラ選は○○がいて××がいないのかよ!と

人によっては不満に思う点もあるかと思うのも大いに分かりますが

各使用武器によってキャラが選出されているのは

いい感じにバランスが取れている様に思いますし

歴代の思い入れのあるキャラに声が付くことに違和感を感じる

キャラも出るのではないかと思いましたが、歴代キャラに関しては

どのキャラも結構マッチしているんじゃないかと感じます。



主人公を除く、各キャラにドラクエお馴染みの固有武器が存在していますが

ドラクエお馴染みというか武器もスキルもドラクエ10のままばかりで

もっと言えば、盾や素材やアクセサリーに関しても

グラなども含め、全部ドラクエ10と同じです。

ドラクエ10をやってるプレイヤーからしたら

「全く同じかよ!w」と思う所もあるかもしれませんが

同じだからこそ取っ付き易かったりもするのではないかと思ったりも。


スキル等に関しても前述した通り、ドラクエ10の物が多いです。

追加スキルによって派手なスキルが皆無だったドラクエ10にも

派手なスキルが増えつつありますが

DQHは全部スキルが派手で、ドラクエでお馴染みのスキルを使い、大勢の敵を

なぎ払うというスキルを使う気持ち良さは勿論

ドラクエ10でもこのくらいのエフェクトをやってくれれば

良かったのに…と思ったりするくらい派手。

また個人的には9や10では登場がなかった

ギラ系の呪文が復活してくれたのは嬉しかったです。


 ボスとの戦闘


従来のドラクエですと敵の大きさというのは

ドラクエ5のブオーンを除き

10になるまであまり感じられなかった点かと思っていますが

DQHにおいて、物凄いデカイ敵と戦う事が出来るのが

従来と違い斬新な体験でした。

10でもそこそこ大きいと思ってた

キングヒドラやギガンテスがとてつもなくデカく

巨大な敵を倒すのはやはり気持ちよさや楽しさがあります。







コマンド式のドラクエをアクションにという

若干不安に思えてた部分はうまい具合に落とし込めてはいたのですが

ガワは良くても中身が個人的にはどうにも

イマイチに感じてしまう部分が多々ありました。




 これはアクション"RPG"と呼べるのか?


ジャンル的にはアクションRPGと謳っていますし

公式の場ではありませんが、プロデューサーが

Twitterで「無双ではない」と発言しています。

装備品の概念、スキル使用のMPの概念など

ドラクエらしさと呼べる物が備わっており

嫌いではないのですが

無双シリーズには食傷気味自分も、ただの無双ではないのだと思い

プレイしたという経緯があります。

ジャンルの定義について正直結構曖昧な物だと思いますので

その人がそう思うのなら、それでいいと思うのですが

個人的には思っていたRPGとは違い、一番最初に感じたのは

やはり「これ無双系だよね…」でした。

手軽さや爽快感において無双系というのは決して悪いジャンルでは

ないと思いますが"ドラクエ"でしかも"RPG"と付くなら

旅をしてストーリーを進めてダンジョンに挑むといった物が欲しかったです。

まぁそういうのはドラクエ11で期待することにしますが

それでも微妙と思ってしまう点が多々あります。

 テンポの悪さ


ゲームはミッション受注式で

またシステム的に、空艦バトシエと呼ばれる拠点で

アイテム売買、クエスト受注、仲間変更、スキル振りなど

戦闘以外の事を行えます。

システム的にミッションが終わると戻らなければならない

という点においては仕方ない事ですが

それがゲームのテンポを悪くさせている様に感じました。


例えば街にモンスターの大群が押し寄せてきて

それを一掃し、第2波が来る!

よし!戻って立て直そう!

と言い出して拠点に戻る


とか


敵を倒し進んでいき、ボスの前まで到達した!

次はボスだ!心して掛かれよ!

と言った後に拠点に戻る


確かに仕方ないですよ、仕方ないですけど

もっとうまい具合に出来なかったでしょうか。

最初はテキストで「戻って立て直そう」と

会話してて、違和感も覚えていたのですが

まぁそういう作戦なのね、と渋々応じていましたが

最後の方になると、それすらも無くなり

何もなかったのように拠点に戻っているのはどうなのかと。


しかも他の無双の様に1つのミッションで

ある程度の話が完結しているのとは違い

話が続いてるのに、戻ることによってぶつ切れ感を

凄く感じてしまい、そういった点において

テンポが非常に悪いと感じて萎えてきました。


 ミッションやクエスト内容の薄さ


ミッションにおいても不満は多いです。

まずMAPが狭いものばかり。

終盤になると若干広めになってる所もありますが

それでも狭く感じますし、酷いMAPだとボスでもないのに

すぐ端から端まで到達できるようなMAPもありますし

勿論ミッションも物凄い短く

上記に書いた、拠点に戻るといった点も加わり

ミッションによっては、戻る必要があるのだろうかと思ったりします。

MAPにおいてはミッションによっては

ダンジョンを進んでる感を感じるのが2つか3つくらいは

一応あるので、そこに関しては楽しかったです。


またミッション内容においても

防衛する人だったり、場所だったりする物があるのですが

これを防衛するという趣旨のミッションが7割以上を占め

こういったアクションにおいて、敵を倒すという

爽快感が欲しいのに、防衛ばかりでバリエーションが少なく

正直楽しくないです。


クエストに関しては、こういったゲーム性ですので

敵の○○を何体倒せ、とか素材の○○を何個集めろ、

が8割を占めます。

ストーリーを進めて、自然に達成出来るクエストなら良いですが

クエストの為に、弱い対象の敵をわざわざ倒しにいったり

落ちにくい素材のためだけ戦って入手しにいったりと

水増し感が酷いです。

クエスト内容も所持数が増えるなど付加価値がある物ならば

仕方なくやりますが、素材集めなど

しょぼい報酬にどうでもいい内容で、やる気が起きません。

クリア後もドラクエ10ではお馴染みの

ボスの強バージョンと戦えますが、強くしただけで水増し感が酷く感じます。


またDLCで配信されている追加クエストも

結局のところ、素材を集めろとか進めるのに苦痛ばかりで

プレイする気が大分削がれています。


DLCにおいても

5つのDLC配信します!新しいボスもいます!

無料です!と一件、良心的に思ってしまうかもしれませんが

プレイしていて途中からストーリーの短さに

薄々思ってはいましたが、最初から入っていてもおかしくない物を

DLCとして後に配信し、早くクリアして中古に流されるのを防いだり

また無料という謳い文句でユーザーに良心的に思わせているだけだと。

クエストをすっ飛ばしてストーリーだけプレイしたら

20時間くらいでクリア出来るので、かなり短いです。


ついでにストーリーについても触れておきますが

ストーリーは王道なので、そこは特にいうことはありませんが

歴代のキャラが何故ヒーローズの世界に来たのか

一応終盤に来た理由はさらっと分かりますが

かなり有耶無耶で、え?それだけ?と思ってしまうくらい

それでいいのかと疑問に思うところがありました。


 キャラクターの自由度のなさ


使えるキャラクターは現時点で13人で

キャラクター少ないだろ!なんで4、5、6、8以外の

シリーズキャラがいないんだ!と思っていた時期もあります。


ただ、このゲーム、○○がいない!少ない!という以前に

キャラが固定されがちになり、選択の自由が少ないバランスになっています。


終盤になり、ある程度キャラのLvが上がれば、それなりに

好きなキャラを使えるのは多少融通がきくのですが

まずこのゲームにおいて回復呪文であるホイミを使えるキャラが1人もいません。

代わりに教会でお金を払って補充できるホイミストーンと呼ばれる

アイテムを使い回復が可能なのですが

序盤において回復量の少なさや所持できる個数が少ないので

回復が間に合わず、唯一回復スキルのハッスルダンスを使える

8のゼシカを入れることになるかと思います。


そして中盤以降、敵の強さが上がっていき

補助呪文がないと、結構きつい場面が増えてきます。

バイキルトが使えるのがフローラでスクルトを使えるのがクリフトです。

主人公は固定で外せないので、回復と補助を考えるなら

もう選択の余地がありません。


スクルトを犠牲にして火力も入れられますが

それでも枠的には1人しか余裕が無く

思い入れがあったり、好きなキャラでPTを組んで戦うといった

歴代キャラが登場する意義が薄いように思えました。


また終盤においてドラクエではお馴染みの

ロトの剣と盾、天空の剣と盾がクエストで手に入ります。

伝説の武器がそんな簡単に…しかもロトとか登場キャラと

関係ないじゃん…というのもありますが

何よりこれを装備出来るのが、主人公のアクト、メーアで

この時点で他のキャラの武器よりも性能が高いので

最後の希望であった自由枠も、もう片方の主人公で

埋まることになり、自由度が相当低い作りになってるかと思います。


折角のキャラ数や武器の違い、スキルの違いがあるのに

長所であるべき所を活かせておらず

1番残念に思うところでした。


 爽快感と相容れぬシステム


お馴染みの状態異常もこの作品にも登場しますが

眠り、氷、怯みなどプレイヤーが

操作不可能になり、足止めされる状態異常が多く

爽快感重視のゲームなのに行動が出来なくなるというのは

非常にストレスを感じます。

また一応、状態異常を防げるアクセサリーもありますが

素材を使い合成して作成するので

上記に書いたとおり、手に入りにくい素材を集めなければならないですし

ドラクエ10の様に複数の耐性を付けることが出来ないので

爽快感を犠牲にしてまで、入れる必要があったのか疑問に思います。


また仲間のAIが相当悪く、個人的には

相当クソだと思っているドラクエ10のAIのがマシだと思えるくらい

酷く、クロニクルなど別れて戦う事もできず

主人公の後をついてくるだけで、大して攻撃もせず

仲間ってなんだろうと考えさせられました。




・総評

ドラクエのキャラでアクションが出来るという点においては

派手だし、プレイしたPS3版でも思ったより多くのモンスターが湧いてくるので

満足出来る点もありますし、内容は残念でしたが掴みは概ね良かったです。

またドラクエしかプレイしないユーザーにとっても

別ジャンルのアクションでも、遊び易さもあると思います。

ただいくら外伝だからといって設定等に疑問を抱く箇所もあり

コアドラクエプレイヤーや他のゲームをプレイしている

ゲーマーにとっては満足出来るゲームではなかったと思います。

せめてオンライン対応でモンハンのように他のプレイヤーとワイワイ遊べる物があれば

評価も大分変わってきたのではないかと思ったりします。


ただドラクエがアクションになっても通用するという点はあったので

従来のドラクエのようなダンジョンをアクションで進めていくような

作品が今後ナンバリングで出てくることを祈ります。




ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

スクウェア・エニックス 2015-02-26
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城

スクウェア・エニックス 2015-02-26
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター