MAP作りで力尽きてしまったのか? ゲームレビュー 『ゼノブレイドクロス』

XenobladeX.jpgタイトルゼノブレイドクロス
機種WiiU
発売日2015年4月29日
開発モノリスソフト
販売任天堂
総プレイ時間約80時間
トロフィー/実績取得率-
個人評価ランクC

~今までのゲームレビューリスト~









前作Wiiで発売されたゼノブレイドが、かなり面白かったので

ゼノブレイドクロスが出たらWiiUを一緒に買おう!と

意気込むくらいの期待作でした。

発売日に本体同梱版を購入していましたが

中々時間が取れなかった&ゲーム自体長めでしたので

ようやくクリアーまで辿りつけましたのでレビューしようかと思います。




 3つの驚き

ゼノブレイドクロスをプレイし、個人的に3つの驚きがありました。

■1つ目

・スタート時

プレイしていなくても耳にしたことがある人はいるかと思いますし

以前の本体同梱版の記事の際にも少し触れましたが

ゲーム開始後、渓谷のような場所を抜けると

目の前に広がる広大な世界に、巨大な生物。

これを見て、これから始まるゲームにワクワクしない訳がない!


20150628_145423000_iOS.jpg

20150628_145427000_iOS.jpg


未開の地の惑星ミラに降り立ち

調査するために、各ポイントにプローブと呼ばれる

マーカーを立てていくのですが

このポイントを探すために大陸を駆け回ります。

後々登場するドールと呼ばれるロボに乗って移動することが

前提として作られていると思われ

ゼノブレイドの時点でも、広いと思ってましたが

今回は予想を遥かに上回っていました。

GTAシリーズやfallout3など海外のオープンワールドの

ゲームと比較しても遜色ない広大さで驚きです。

ゼノブレイドと同じく絶景ポイントと呼ばれる

ちょっとした隠しポイントを見つけるの面白いですし

プローブを設置するために、MAPを見ながら

試行錯誤しながら探すのは、ついつい夢中になってしまいました。


■2つ目

ドール入手時

20150628_151106000_iOS.jpg


ジャケットに載っていますし、事前に動画などで発表されていて

ゼノシリーズでゼノギアス以来のロボットに乗れるということで

これもワクワクせずにはいられない要素!

ドールに乗れるのはゲーム中盤で、

寄り道を入れて30時間と、結構時間が掛かったのですが

散々焦らされたあって、乗れた時の喜びと

ドールに乗ることで、探索がかなり楽になり

戦闘もある程度武器が揃ってくると、今まで苦戦していた敵にも

楽に勝てるようになって、手に入れた甲斐があるというものです。

後半になり、強力なドールと武器を入手できるようになると

軽く万単位のダメージが与えられ俺TUEEEEができるので

戦闘による気持ちよさも感じられるのが良かったでした。



■3つ目

フライトパック入手時

20150628_145434000_iOS.jpg


ネタバレになりますが、読んで文字の如く

後半になると、ドールで空を飛べるようになります。

これによって一気に行動範囲が広がり

どうやってもジャンプなどで登れなかった場所や

背景かと思っていた超高度な場所にある浮島や

建物にも登れるようになり、

しかも敵が配置されていたり、アイテムが置いてあったりと

作りこまれていて、今まで横に広さを感じることは

どのゲームでもありましたが、縦の広さ(高さ)の

凄さを感じるのは、今までプレイしていたゲームの中で

初めてかと思います。

▼画面奥に見えるのが、1枚目の画像でいた場所
20150628_145431000_iOS.jpg



海外ゲームと比べ国内のゲームの差は明らかになってきており

正直、国内ゲームはもう凄い物を作れないのではないかと

感じていたのですが、オープンワールドとして

MAPの凄さに関して、海外ゲームに匹敵する物を作り上げたのは

驚愕の一言に尽きます。

また今世代機のPS4やXboxOneと比べ、マシンスペック的にも

厳しいWiiUで作り上げたことが、さらに凄さを感じる点です。




MAPは凄い!ですが、MAP以外に関しては

残念な点が多すぎでした…。




 システムの複雑化さ

ゲームに遊びの深さを持たせる為に、複雑化していくのは

分かりますし、システムを理解した時に

面白さを感じるのは、今まで幾つもありました。

このゲームはやれる事が多いのですが

要素が多すぎ、また説明がなさ過ぎて

気が付かなかったり、理解出来なかったりしながら進むことになるかと思います。

ネタバレを見たくなかったですし、

自身で色々見つけていきたいと最初は思っていたのですが

余りにもわからないことが多いので残念ながら結局ネットで調べてしまいました。


また調べなくても、自身で解いていく

要素の魅力というか惹きつけるものがあれば

複雑化、不親切さというのも苦にはならないのですが

このゲームにおいては、正直惹きつけるものが少なすぎます。


またその複雑さ故に、そういう時こそ

説明書が見たいと思うのですが、このソフトには付属されておらず

一応ゲーム内から呼び出せますが

画面を見てプレイしながら説明書を読んだりする事が出来ないので

使い勝手は悪いです。


 地味でめんどくさい要素が多すぎる

冒頭の方でも書きましたが、物語の主題の一つが

「探索」となっています。

これが楽しめる要素であれば良かったのですが

余りにもめんどくさすぎます。

今作は全てクエスト制のゲームとなっており

前作のゼノブレイドでも若干ウンザリしていたのに

何も成長しておらず、むしろ酷くなっています…。


○○を拾って来いなど、フィールド上に落ちてるアイテムを

集めるクエストなどは、それがどの大陸にあるかは

分かるものの、どこに落ちているかは全くの不明で

広大さが仇となり、クソ広いMAPで1つのアイテムを探しまわることになり

最早探す気も起きなくなります。


じゃあクエストなんてやらなきゃいいんじゃね?

と思うかもしれませんが

メインクエストを開始するのに他のサブクエスト的な物を

クリアしているのが条件になっていたり

クエストをやってLVを上げていないと

メインクエやちょっとの探索や戦闘ではLVの上がりがすごく悪く

メインクエストの敵に歯が立たないなどあり

やりたくないクエストもガンガンやっていかなきゃならず

プレイスタイルが強制されているクエスト制など面白くもありません。

またクエストで、一言二言話すだけでたらい回しにされ

トラベルスキップがあるとは言えめんどくさすぎる。


俗に言う「おつかい」と比喩されるスタイルは

ユーザーから散々不評なのは知っているかと思うのですが

究極的な「おつかい」ゲームになってるのは理解出来ません。



また特定のイベントやクエストを開始するには

前作のゼノブレイドにもあった

好感度のキズナを上げなければならないのですが

こいつが全然上がらない。

それに加えて、仲間になるキャラが多く

主人公、エルマ、リンと3キャラはほぼ必要とされることが

多いので結果、残り1枠しか空いていないのに

多くのキャラの入れ替えが必要となって

育てきれなかったり、クエストクリアや戦闘勝利でキズナが

上がるので、唯でさえ上がりにくいキズナ上げが辛すぎて

やる気が起きなかったです。

終いには、有料アイテムでキズナが上がりやすくなるアイテムなど

販売されて、有料アイテムを買わせる為に

キズナの上がりが悪く設定されていると思えてもきます。

キズナ系なんてやらなきゃいいじゃん

となるかもしれませんが、キズナ系のクエで

スキルを習得するのでタチが悪いです。


 ストーリーやキャラ

メインストーリーもクエスト制な為か

ムービーなどが挟まれますが、それでも希薄に感じました。

話の内容自体も、後半は謎が解明されていくので

まあまあ引き込まれましたが、前半から中盤にかけては

インパクトに欠け、引き込まれるものがないです。

ストーリーの終わりも続編を匂わす終わり方で

終わりまでが満足行く出来であるなら

意外な終わり方でもいいと思うのですが

消化不良感を感じながら続編があるかも…?みたいなやり方をされると

何ともいえない気持ちになります。


発売前にネットでキャラグラについて

悪い意味で話題になっていましたが、実際プレイしてみて

NPCに関しては、肌の色と髪型が違うだけで

全く同じ顔というのは、やはり残念過ぎです。

NPCだし、そんな気にならないかと思いましたが

毎回同じ顔を見せられると流石に手抜き過ぎだろ…と思えてきます。

仲間キャラに関しては、流石に差別化されていますが

ストーリーの薄さもあって、過去のプレイした

ゼノシリーズに比べると魅力を余り感じませんでした。

キャラグラは酷くても前作のゼノブレイドでは

魅力あるキャラが多かったのに、残念です。

上記に書いた、キズナクエストをやれば

キャラが掘り下げられて、魅力を感じるかもしれませんが

めんど(ry…

キャラ付けをしようとしてたのか

各メインストーリーの前にリンがタツを食材にするという

ネタのムービーを必ず差し込まれますが

ギャグで入れたのか分かりませんが個人的には寒すぎます。

他にも戦闘終了後の掛け合いの声や

ストーリー中にも嫌になる程、このネタが出てくるので

しつこく、薄ら寒いのに正直うんざりでした。


主人公のアバター作成時に選べるボイスに関しては

すごい有名どころの声優さんが多いのですが

戦闘中以外一言も喋らないので、力入れる所が

間違ってるのではないか…?と思ったり。


 広さはあるが深さは無い

MAPは作りこまれていて凄いです。

ですが、ダンジョン的な物が敵の本拠地くらいしかないです。

洞窟などはありますが、複雑さはなし。

広いし地続き感は分かるのですが、

前作のゼノブレイドですらあった

建物や地形の奥深さがないのは探し甲斐が無く残念です。


 UIが酷い

見た目がごちゃごちゃしているし

説明不足だし、反応は悪く使いづらいし

オンオフ出来るとは言え、UI表示の上に

告知のウインドウが表示され

UIが見えないなどちょっと酷すぎじゃないですかね。






■総評
度々引き合いに出していますが

前作のゼノブレイドはWiiでオープンワールドを作り上げ

また、オープンワールド系のシステムと

JRPGのストーリーなど絶妙なバランスが取られていた

良いゲームだったのですが

国内では厳しい売上を見越して、海外を意識したのか

海外ゲームでありがちなオープンワールドゲームになってしまったのは

非常に残念です。

それが優れていれば、文句は無いのですが

残念ながら、「おつかい」ゲームであり

これじゃあ海外でも不評になりそうな予感がしてなりません。

そういうゲームがプレイしたければ海外作品で

沢山出ていますし、何故同じ土俵で勝負しにいったのかが

疑問に思えます。

MAPやロボ要素などは本当に凄いと思うのですが

それ以外がWiiUの本体と一緒に買うとまで意気込んでいた

思いに反して、残念なゲームでした。

どのゲームでも結構、やり込む方なのですが

もうめんどくささが先に来てしまい、

ストーリーをクリアーした時点で続ける気力が出ませんでした。

めんどくさい要素でも「めんどくさい」と思わせない事が

大切だと思うのですが、MAPに注力し過ぎて

他が御座なりになってしまった感が否めないゲームでした。



XenobladeX (ゼノブレイドクロス)XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

任天堂 2015-04-29
売り上げランキング : 368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

XenobladeX(ゼノブレイドクロス) [オンラインコード]XenobladeX(ゼノブレイドクロス) [オンラインコード]

任天堂 2015-04-28
売り上げランキング : 1574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター