今までと違った遊びが楽しめた! ゲームレビュー 『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』

mugennnosuna.jpgタイトルゼルダの伝説 夢幻の砂時計
機種DS
発売日2007年6月23日
開発任天堂
販売任天堂
総プレイ時間約15時間
トロフィー/実績取得率-
個人評価ランクB

~今までのゲームレビューリスト~












プレイ前は、タッチペンを使うという

操作方法にゼルダと云えど、あまり食指が動きませんでした。

で、プレイしてみたら素晴らしい出来でした!


 風のタクトとの比較

風のタクト(以下、風タク)の続編なので

風タク同様、海に沈んだ世界を旅をするという同じ

コンセプトではありますが

船を進める時の風の向きを変える、めんどくささがなくなり

タッチペンで航路を書いて自動で移動してくれるなど

若干快適になっていると思います。

また風タクよりフィールドが狭いのですが

敵に襲われたり、海底沈んでいるお宝を探す

風タクにあった要素は勿論のこと

イベントが発生したり、ボスと戦うこともあるので

風タクのような移動のかったるさより、楽しさを感じられたと思います。



 今までのゼルダと違ったパターン

スタートの島にあるダンジョンの再奥に

到達するのを目指すのが目的になあるのですが

そのダンジョンは時間制限があり、他のダンジョンのボスを

倒すことによって時間制限を伸ばすことが出来るようになります。

徐々に探索範囲が広がっていく楽しさや

時間を気にしながら攻略する、管理要素が自分は好きでした。

また風タクの初期の島のような、ステルス要素があり

敵に見つからないように進んできながら

謎解きをしていくという点も斬新で

時間管理とステルス要素が相まって楽しかったと思います。


 DSゼルダならではの要素

MAPに書き込みが可能なので

フィールドやダンジョンで謎掛けや、そのヒントを

メモって謎を解くというスタイルになります。

紙のメモがゲーム内と変わっただけなのですが

昔、メモを取りながら進めていったゲームプレイを思い出し

最近の歯応えを感じ難いゼルダと比べ

自分で解いてる感覚を得られ、達成感は高かったです。

ボスのパターンもそこそこ用意されており

ボスによって差別化出来ていたのが良かった。

またボスのみ見下ろしから視点が変わったりし

新鮮さを感じ、ボス戦も面白いです。


またDSならではというよりかは

他シリーズに比べるとイベントシーンが

コミカルで可愛くてとても良かったですね。

ゼルダの中でも初めてジーンと来たかもしれません。





■残念な点

 移動のし辛さ

全ての操作がタッチペンなのですが

移動だけは変えて欲しかったです…。

フィールド端に来た時、画面の端をタッチしなければならないので

タッチ出来る領域が狭く、ダッシュはおろか

前転も困難でして、端っこでの操作性の悪さがあります。

また自分の手で画面が見えなくり

操作し辛いという致命的な欠陥があるのも残念な点。


 サルベージがめんどくさい

タッチペンで障害物を避けながらアームを下げていく

ミニゲームになっておりますが

時間が掛かるのがキツイし、壊れたらわざわざ修理にいかなければ

ならなかったりと非常にめんどくさい要素でした。


アイテムがルピーとかじゃないのは、まだ救いかもしれませんが

逆にルピーがないと分かった時、やらなければならないという

思いになってしまって、さらに憂鬱に。


 時間制限ダンジョンの繰り返しがうんざり

時間制限やステルス要素は面白かったと書きましたが

難点もあります。

他のボスを倒して活動時間が増える度に

大体行くことになり、ちょっとずつ先に進めるようになりますが

途中でショートカットが配置されてるものの

時間が伸びた場合は最初から、やり直すことになりますし

結構なの回数、繰り返すことになり、またダンジョンに挑む

スパンも短く感じ、非常にめんどくさかったです。




■総評

DSでタッチペンという要素で敬遠するのは

もったいないと思うくらい面白いゼルダでした。

風タクをやってれば、さらに楽しめるし

個人的には風タクより、好きで面白かったです。

風タクHDもWiiUで出ていますし

まだ未経験の人は是非ともプレイしてみて欲しい作品です。

ムービー演出、謎解きなど全体的の満足度高いゼルダでした。



ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 1096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

この記事へのコメント

- @いっき - 2015年10月05日 00:56:55

2枚目(?)の海図の謎解きで
『DSを閉じる』ことでクリア出来たのは当時感動しました。

一生懸命タッチしたり吹いたりしても謎が解けないから
スリープで休憩して再開したらクリアと・・・

Re: タイトルなし - 黒ウーロン - 2015年10月07日 10:11:14

コメありがとうございます。
本体を閉じるギミックはウィッシュルームでもありましたが
まさかゼルダの謎解きでも導入されるとは予想外で驚きましたねー

しかも諦めて閉じたのに解けているという
予想外の驚きが得られるというのは良いですね

今までのゼルダシリーズの定番とは違う
新しいアプローチがされていて、とても良い作品だったと思います!

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター