人生は選択の繰り返しだ ゲームレビュー『ライフイズストレンジ』

LIS.jpg タイトル ライフイズストレンジ
機種 PC/PS4/PS3
発売日 2016年3月3日
開発 DONTNOD Entertainment
販売 スクウェア・エニックス
現在のプレイ時間 約22時間
トロフィー/実績取得率 100%
個人評価ランク B

~今までのゲームレビューリスト~







1ヶ月前にファーストインプレッション記事を書きましたが

その後、発売日を迎え、さらにSteam版は

「無料」で日本語追加されていました。

今までスクエニローカライズ作品(主にEidosゲーム)は

日本語DLCとして有料販売していたので無料とは驚きです。

そんな訳で3章開始時点で止まっていたプレイを再開しクリアーしたので

レビューしようと思います。





 どんなゲームなのか

このゲームは所謂、数ある選択肢から自分の答えを提示していく

ADVゲームになります。

ただ普通のADVと違うのが「時を巻き戻せる」点です。


田舎街にある高校に入学した主人公の「マックス」という少女。

授業中、街に巨大な竜巻が発生している「白昼夢」のような物と遭遇します。

LIS01.jpg


夢のような物が覚め、目の前に広がるのは普段の授業の風景。

変な夢だと思いつつ授業が終わり

トイレで「とある事件」に遭遇してしまいます。

事件を止めようと手を差し伸ばした時

気が付いたら数分前に受けていた授業の風景が目の前に広がっています。

そして一度授業で起きた状況が再度繰り返されて

「マックス」は「時を巻き戻せる」能力が使えるようになった事に気が付きます。


能力を使い「遭遇した事件」を解決し自身が何故こんな力に目覚めたのか疑問を抱きつつ

度重なる巨大な竜巻が起こる白昼夢との遭遇、

ごく一般的な学校で起こっていく悲惨な事件や不可解な事件との遭遇…

「時を巻き戻せる」能力を使い、自身が導き出した答えの先に待つ物語を

体験していく「タイムトラベルADV」ゲームなのです。


自分が正しいと思う「選択肢」を時を戻して選んでいくのですが

ある程度ゲームをやってる方ならシーンを巻き戻し

何回もプレイする「イシイジロウ氏」が手掛けた

「428」や「タイムトラベラーズ」とシステム的には近いかもしれません。

システム的には似ていますが、428等


・シーンを繰り返す

・正しい答えを出さないと進行が止まるので1つ正しい答えを探しだす



というゲーム性ですが、ライフイズストレンジは


・その場で一定の時間まで巻き戻す事が出来、キャラや会話などリアルタイムに巻き戻る

・「正解」という答えが決まっておらず、選択した答えの結果が物語に反映される



という、物語に介入するという点において似て非なる作品です。

選択した結果が物語に反映されるという点においては

昨年の夏に発売され、自分もこの前レビュー記事に書いた

アンティルドーンのシステムに近しい物があり

統計結果が選択肢中では無くEpisodeが終わった時にプレイヤーが

どの選択肢を選んだのかの統計が表示され楽しめる点の1つでした。

LIS04.jpg

▲ネタバレなのでモザイク駆けましたが、選択肢が表示されます。


428(もしくはタイムトラベラーズ)とアンティルドーンを足したような作品だと思います。


 魅力ある雰囲気

舞台は前述した通り、田舎にある学校で

普通?の学園生活の世界で展開されていきます。

グラフィックは完全にリアルな写実では無く

絵画的な雰囲気の画作りで、田舎という素朴さとマッチし

また、音楽もアコースティック曲が使用されていて、とても良いです。

LIS02.jpg


また曲が使用されるのも、主人公が携帯プレイヤーを

使用したタイミングで掛かったりと演出もニクいです。

物語の展開も非常に上手く惹かれるものがあり

演出や展開など、まるで海外ドラマを見ているようでした。

LIS03.jpg




ここまでは、ファーストインプレッションの内容を

ちょっと修正しただけで、ここからは最後までプレイした

ネタバレも含んだ感想を述べていきたいと思います。




 選択の重み

2章の最後を迎えるまでは、ほぼ直感によって選んでいましたが

2章の最後で殆どの人が衝撃的な結末を迎えると思います。

この結末により、自分の選択の重さというのが感じ取れ

また選択の内容もヘビーな物になってきたり、

ニクい事に選択をした後の「マックス」が、これで良いんだろうか?と

自問自答したセリフを述べたり、選択した内容について

他のキャラが苦言をしてきたりと、選択した物に疑心暗鬼気味になり頭を悩ませます。

そして最良の答えを選んで来たと思った矢先に

3章の結末から、さらに衝撃的な展開が待っています。

結末はゲームシステム的に変えられないとは言え、

自分の価値観に合う答えを提示してきただけに、結構感情移入してしまい

良い歳した大人が10代後半の少女に感情移入してしまうというのは

いやはや滑稽でもありますが、本気で悩み、自分の中の正解を

探しだすという体験は面白かったです。



かなり良いゲームなのですが、残念な点もちらほらありました。

4章までは素晴らしかったのですが、5章の内容と終わり方が非常に微妙。




 突如現れる別ゲー要素

5章では精神世界の様な舞台が出てきますが、今までADVだったのに

急にステルス要素が出てきて、これがまた面白くないです。

ステルスゲーは大好きなのですが、ステルスゲームとして

作られたゲームであるからプレイしたかったり、面白いのであり、

全くステルス性が必要ないADVで唐突にステルスをやらされるのは

非常にゲンナリしました。

また5章全体的に風呂敷を畳めていない感を感じます。


 賛否両論のED

ネタバレになりますが、EDはハッピーエンドとは言い難いです。

主人公が能力を使っても「未来は変えられない」と痛感してしまったという事があるのですが

プレイヤーが介入してきた事が無意味だったと思わせてしまうEDがあり、

あれだけプレイヤーが積み重ねていた物はなんだったんだ!と

思わせてしまうのは、非常に良くないと思います。

別のEDに関しても、これで良かったのだろうか…?と思える

釈然としない終わり方で、どちらに転んでも非常にモヤモヤしてしまいます。


ただ勝手に解釈や深読みをするならば

最後の最後で『時を戻せない』状態となり、

選択をして気に入らなかったから別の選択をするだとか

ゲーム的にこっちの方が良いのではないのだろうか?とか

ゲーム的な選択ではなく、自身が絶対的な「決定」をしなければならず、

また、それを受け入れなければならないというリアルさが描かれており、

時を遡る能力があっても、結果に必ずしも最良の選択がある訳ではない

というのを伝えたかったのではないかと勝手に解釈したりしています。



また道中の選択肢を含め、デジタルというかゲーム的な0か1、白か黒かという

良い悪いのどちらかでは無く、良いも悪いも含めた

「どちらとも言えない」という曖昧な結果が非常に多いのが、それが人生なのだと、

表現したかったのだと思ったり思わなかったり。

まぁでもゲームなんだから救われたり、プレイヤーが納得出来るものに

してほしかったという思いもあり、複雑な思いをするゲームです。



■総評

5章以外に関しては素晴らしいの一言に尽きます。

バタフライエフェクトに関しても、同様の題材となっていた

「アンティルドーン」と違い、自分が選択した結果が

どうなったのか分かり易くなっていたのは良かったです。

それにより、自分が「選択」したという満足感もあります。


EDに関しては、タイムリープやバタフライエフェクトという

同じ題材となった「シュタインズゲート」がハッピーエンドを

迎えたという先入観から、え?ハッピーエンドじゃないの?という

思いも少なからずあって、釈然としない感を感じてしまうのもある気がします。

短絡的に「悪い」とは言い切れず、どういう意図なのだろうかと

クリアーした次の丸一日頭を悩ませたくらいです。

ゲームをクリアーして選択肢は無いのに悩むのは

ある意味、印象的な終わり方だったとも言えますw

昨今プレイしたソフトの中では、かなり面白かったので

洋ゲーだからと敬遠せず、是非ともプレイしてもらいたい1本です。



ライフ イズ ストレンジライフ イズ ストレンジ

スクウェア・エニックス 2016-03-03
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
721位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
138位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター