爆乳ハイパーバトルの新シリーズ ゲームレビュー 『ヴァルキリードライヴ ビクニ』

VDB.jpgタイトルヴァルキリードライヴ
ビクニ
機種Vita
発売日2015年12月10日
開発メテオライズ
販売マーベラス
総プレイ時間約24時間
トロフィー/実績取得率54%
個人評価ランクE

~今までのゲームレビューリスト~





閃乱カグラでお馴染みの「爆乳ハイパーバトル」の新シリーズで

アニメ、コンシューマー、ソーシャルのメディアミックス展開されている

「ヴァルキリードライヴ」シリーズのVita版をプレイしました。

カグラシリーズは毎回プレイし、レビューしてきましたが、

そろそろ新しい刺激が欲しくなり、カグラとは別シリーズの展開にそこそこ期待をしていました。




 攻撃的爆乳ハイパーバトル

と、題されている今作ですが、どの辺が今までのシリーズと違い

「攻撃的」なのかといいますと


・空中コンボ、俗にいうエリアルの強化
・回避
・コンボ等によりゲージが貯まり武器の段階的強化が可能

この3点が主に「攻撃的」と題されていると思います。


・エリアルの強化

カグラシリーズでも吹き飛ばし後の追撃というのはありましたが、

ビクニでは○ボタンにより「斬り上げ」をした後に

×ボタン長押しによる「ファントム」で、追撃し即エリアルに移行が可能で

且つ、エリアル中にさらに打ち上げ後のファントムで空中コンボが続けられます。

また「ファントム」は高速移動、巻き込み判定があるので

打ち上げ中でなくても使用することが可能で、高速で常に攻撃していけるような

戦い方が出来るようになっています。


・回避

地上、空中両方共Rボタンですぐ回避をすることが可能で

また敵の攻撃中に回避が発動するとスローモーションになり

反撃しやすくなっております。


・武器の段階的強化

カグラシリーズでは通常状態からゲージが貯まると忍転身と呼ばれる

変身で強化が可能でした。

ビクニでは、攻撃してコンボボーナスを発動していくと

ゲージが貯まり、忍転身に当たる「ドライヴ」が可能です。

しかもカグラシリーズとは違い「ドライヴ」後に

さらにゲージを貯めていくと「セカンドドライヴ」、「サードドライヴ」、

「ファイナルドライヴ」と3段階変身可能で、変身ごとに武器の形状が変わります。

また、コンボを続けていくことで、ダメージに倍率が掛かるようになり

変身をすることで、基本ダメージの数値が上昇していくので

コンボを繋げ続け、変身を繰り返す程、強い状態に変化できるようになっています。



以上の3点の特徴により、ガード?そんなものは知らん!兎に角攻撃し続けろ、と言った

「攻撃的」な戦い方が可能なのが、今までのカグラシリーズとは違った点です。


 モーションや演出の進化

同機種で発売された、カグラSVとの比較になりますが、

主人公の「神楽坂倫花」に関しては、モーションがかなり

滑らかに動き、進化している感を感じられました。

また全体的にエフェクトがかなりド派手です。



最初の頃は、コンボが豊富で基本はそのままに

別方向で進化させてきたのだな、と良い印象だったのですが

プレイをし続ける程、残念感が高まっていきました…。




 戦闘の残念さ

アクションとしての詰めが甘く、残念な点が多くて

段々とストレスが溜まっていきました。

まず、「攻撃が当たらない」という点。

・攻撃の当たり判定の距離が短い、もしくは距離感が掴みにくい
・攻撃するとすぐ空中に浮くので所謂「スカし」が多い

もう空中コンボ以外するな!と言わんばかりの

当たらなさで、しかもボス戦に至っては回避多いし、

空中コンボをすぐ抜けられるので全然攻撃が当たらないです。

「ドライヴ」して変身すれば当たり判定も伸びるので

幾分マシになってきますが、それでも当たりにくいです。

かと思えば、ボス戦ではドライヴしている相手の

攻撃判定が酷いキャラだと270度くらいあって

こちらの攻撃が当てられないという状況もあるので

移動の「ファントム」の詰めの短さか距離感の掴みにくさの方かもしれません。

兎に角、攻撃すればすぐ浮いて、その場でブンブン振り回す状況が多すぎて

攻撃的や高速移動を謳っている割には気持ちよさがないです。


 フィールドの残念さ

3Dフィールドを移動して湧いた敵を倒していくというのは

今までのカグラシリーズと同様になりますが

ビクニでは隠しアイテムを探す探索要素も追加されています。

ただこの探索要素が操作性の悪さで究極的につまらないです。

カメラの上下の範囲が異常に狭く周りが見辛い、またジャンプ挙動も

もっさりで制御がし辛いという操作性で、

隠しアイテムが上空に配置されていたり、

消える足場などを飛び移っていかなければならない場所に配置されていたりと

操作性の悪さで取りに行かされるのが大変ストレスが貯まります。

またMAPも使い回しの多さが目立ちます。


 ストーリー等の残念さ

ストーリーは各話A~Cの3パートまたは2パートで構成されていて

全24話となっています。

短かったらボリュームが無いと言われるでしょうが

全24話でもボリュームが無い話しを水で薄められているようなストーリーで、無駄に長い。

面白ければ、薄かろうが長かろうが良いのですが

ストーリーが熱さも意外性もなく全く面白くなく

最後までプレイしても、大した進展を感じられず

24話もあるのが前述したアクションの悪さも加わりひたすら苦痛でした。


またADVパートでボス的な人と会話していて「かかってこい!」的な感じで

アクションパートに移行しますが、スタートが全く違った場所になり

雑魚的がわらわら湧いてボスを目指すという展開で

ADVパートの流れをぶった切り、「さぁ強敵と戦うぞ!」と言った

意気込みの感情を失せさせてしまい展開の違和感が酷いです。



一番ダメだったのが「猪名川マナ」というキャラ付けの酷さが何より耐えられなかった。

初期は優等生で物怖じするようなおっとり系のキャラだったのですが

途中から野心を達成するために、性格が最悪で暴言を吐きまくるキャラに変貌します。

その暴言の酷さに嫌悪感を抱くほどで、最終的に改心?するような展開になりますが

時既に遅く、他のキャラがフォロー的なセリフを並べ立てますが

あんな性格の悪さと暴言を一時の気の迷いだったり本心では無いとか言われても

同意が微塵もできないです。


また主要キャラの声優さんが数名カグラシリーズと被っていますが

幾ら演技しようとも、カグラでの印象が強すぎて

刷新感が無く、キャラの掘り下げも無く魅力が感じられないです。



■総評
最初は本当におもしろそうと思えたんです…。

ストーリー、キャラ、アクションどれを取っても「残念」の一言に尽きて、

新シリーズとして期待値が高かっただけに酷さが目立つ作品でした。

せめて今までカグラシリーズを開発してきた

「タムソフト」が開発していれば、アクションゲームとして

まだ楽しめる作品であったかもしれません。

カグラの時も心から満足出来る様な物ではありませんでしたが

何か期待できる物という物を秘めていたからこそ

なんだかんだで全作品プレイしていたりするのですが

ビクニでは、「次回に期待」と思える要素がなかったです。

ついでに言えばアニメの「マーメイド」を途中まで見ましたが

アニメもつまらなかったし、このシリーズは好きになれそうもありません。


VALKYRIE DRIVE –BHIKKHUNI-VALKYRIE DRIVE –BHIKKHUNI-

マーベラス 2015-12-10
売り上げランキング : 1144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
601位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
113位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター