お台場でVR体験をしてきました!

Oculus Rift、HTC Vive、PlayStationVRと

3つのVR機器が発売され、VR元年とも言われている2016年ですが、

そんなVRを体験出来るイベントがお台場で2箇所開催されています。


今まで新しいハードが発売されてくるのを何回も見てきましたが

3DSやXbox360のKinectの時の「新しい体験」という物を

感じられる時くらいであり、

他に関しては現行機のスペックアップくらいにしか思えず

新しいハードに対してワクワクすることは、そう多くはありませんでした。

ですが、VRに関しては「全く新しい体験」が感じられる物で

引きこもりがちな自分の重い腰を上げるのに十分な魅力があるのです。

去年のTGSに関してもVRが体験したく、ほぼ始発で行ったり

キャンセル待ち列に2時間以上並んでいたくらいですしw


そんな訳で、今回は簡易レポートをお送りしたいと思います。





まず最初はお台場ダイバーシティーでバンダイナムコエンターテイメントが

行っている「VR ZONE Project i Can」です。

20160503_034615728_iOS.jpg


公式サイト



人気以外にもVRの着脱やセッテイング、説明など

人の回転率が悪いVR体験イベントですが、

完全予約制なのでそこまで待つこと無く、

余裕をもって体験出来るのはとても良かったです。


また1プレイ最低700円と若干躊躇する金額ではありますが

ただVR機器を付けてコントローラーを使って遊ぶ物とは違い

VRに加えて他の外部設備を使用して

より高い没入感や臨場感を体験できるので

プレイしてみれば納得のできるものだと思います。


使用しているのはHTC Viveで、他のVRと一線を画しているのは

ベースステーションと呼ばれるトラッキングシステムにより

位置情報を検知し、動きまわることが可能という点です。

ただ逆に言うと、その設置の大変さや動き回れるスペースを

充分に確保しなければならないという点で

可能性は一番秘めているかもしれませんが、

一般ユーザーには敷居が高すぎて一番縁がなさそうなVRです。


まず体験したのは「アーガイルシフト」というコンテンツ。

アーガイル


ロボの試験実験中に敵の襲撃にあって戦うという内容なのですが

VR以外にコクピット風の席とレバーが設置されていて

このレバーを動かすと、椅子が連動して

ロボを動かして「まさに操縦している」体験が可能です。

20160503_024459775_iOS.jpg


ロボが好きな人には、夢が限りなく叶った理想のコンテンツだと思います。


またVR映像はロボのコクピットの映像が映し出されるのですが

隣にはナビゲーターの女の子が一緒に搭乗しています。

VRでキャラクターを見るというのは、今までのVR体験の中でも

初めてでしたが、これが物凄くリアルに感じ

視界の近くに寄って見つめられた時には、

散々アニメやゲームで見てきた歴戦の勇士の自分でも

恥ずかしながらドキドキしてしまいました。

あと胸のたにm…。

ロボの操縦だけではなく、2次元の世界に入り込めるという

全世界のオタクの夢も叶えてしまった、「アーガイルシフト」恐るべしです。

あまりの良さに2回もプレイしてしまいました。


このコンテンツは、「サマーレッスン」を開発している、

あの原田さんが監修しているので、アーガイルシフトで

短い時間でも、これだけドキドキできたので

サマーレッスンは物凄く期待が出来ます。


次にプレイしたのは「脱出病棟Ω」。

脱出


ソロプレイが不可という、ぼっちでいった自分には大変辛いのですが

ホラーゲーム好きとしては、何があろうとも体験しておきたかったのです。

自分は丁度体験しようとしていた人を捕まえられたのですが

もし一緒にプレイする人がいなくても最悪スタッフの人が

一緒にやってくれるとのこと。

20160503_025908116_iOS.jpg


このコンテンツは所謂、廃病院のお化け屋敷で

プレイヤーは車椅子に乗り、手元にあるレバーを前後させ

進んでいく、レールライドタイプのコンテンツです。


プレイする前に、前にプレイしていた人たちが

絶叫に近い叫び声をあげながらプレイしていたので

どんな怖い体験が出来るのか武者震いをしていたのですが、

自分は終始真顔でクリアーしてしまいました。


と、言う物のホラーゲームとして見れば

かなりヌルい部類の驚かし方なんです。

VRによって過度な演出は健康にかなり害を及ぼす危険が

あるかと思うので、マイルドになっているんだと思います。

ちょっとずつしか進めない車椅子の操作で

暗がりを懐中電灯に見立てたコントローラーで

進んでいくというのは、とても良かったです。

ちょっと言うならば、ホラーでは定番の後ろから追いかけられる等の

早く進めないのに追われる恐怖みたいな物があれば、尚良かったですね。


最後にコンテンツ内でも最高金額を誇る「高所恐怖SHOW」。

高所


上に貼った動画でも紹介されていたコンテンツです。

動画の通り、エレベーターで地上200メートルのビルに移動し

板の先にいるネコを救出するという内容。

VRの他に↓の画像にある、バンドを手につけスリッパを履きます。

20160503_033054153_iOS.jpg


よくゲームなどでモーションキャプチャーに用いられる

白い玉のマーカーがついており

20160503_033049470_iOS.jpg


画像の赤い四角で囲ったカメラで位置を検知し

VRで実際に動いている体験が出来るとのことです。


動画では皆さんとても、おビビりになっていましたが

自分は立ち止まること無く、ずんずん進んで行き

スタッフの人に、「凄い余裕でしたね?怖くなかったんですか?」と

残念そうな顔をされてしまいました。


余談はおいておいて、実際の所、顔、手、足以外に

おそらく転倒防止用の為の上部のレールとくっついている

ワイヤーを腰に付けられるのですが、それが幾度と無く

身体に当たってしまっていたのと

そして、手と足のモーションキャプチャーが反映されている

VR内の手と足の映像が実際の動きについていってなく

変な描写が表示されたりと、幾つかの要因で没入感が削がれてしまっていたのが残念でした。


ただ、ギミックとして足場の板が揺れるように造られていて

その箇所だけは、身体のバランスを崩しそうになってしまい

高いところから落ちるという焦りみたいなのは感じられました。

これも脱出病棟Ωと同じく、強い刺激を与えると危険という

制約があるからこそ、その1度きりのギミックでぬるかったのだと思いますが

もっと足場が不安定だったり、強風が吹いたりという

ギミックがあると、よりビルの上の足場という恐怖感を

体験できたのではないだろうかと思ったりします。


他のコンテンツは

電車の運転が体験出来る「トレインマイスター」や

20160503_033151033_iOS.jpg


装着式のVRではなく、ドームスクリーン型の「リアルドライブ」、

20160503_033157290_iOS.jpg


それと画像はないですが、ジムにおいてるような

歩行器?を使用した「スキーロデオ」がありました。

が、財布が厳しかったので、この3つは体験は諦めました。


以上、VR ZONEの体験レポでしたが、大掛かりな設備故

家庭で体験するのは難しいので、ゲームセンターの体験筐体感覚で

遊ぶと思えば未来を感じるゲームとしては

申し分無い内容だったと思います。

近い将来、ゲームセンターもVRの体験筐体が出てきて

昔のようなゲームセンターでしか体験できないゲームというのが

再び遊べるようになるかもしれないと思うと嬉しく思います。




それと余談ですが、もし行く予定があり

メガネを掛けている方は要注意です。

メガネの上からVRの装着も可能ですが、ヘッドトラッキングを

使用するために、かなり密着して付ける必要があり

メガネを掛けていると鼻あてが目や目頭に刺さって

VRすげえ!とか思う余裕はないです。

脱出病棟Ω真顔でプレイしていたのも、メガネが痛いので

集中出来なかった…という理由もあったりします。

コンタクトがある人は、コンタクトを装着していき

無い人はメガネを外してプレイするのをおすすめします。

視力が0.01レベルのメガネを外すと何も見えない自分でも

外した状態でVRはそこそこ見えたので大丈夫かと思います。

そしてVRのためにコンタクトを作ろうと決意しました。




さて、もう1つのVR体験が出来る

お台場、日本科学未来館で開催されている

「GAME ON」にも行ってきました。

そもそもこのGAME ONはVRイベントではなく

2002年から世界で開催されているゲームの歴史を見ることが出来る

展覧会なのですが、今年はPlayStationVRの体験が出来ると

より一層貴重なイベントになっています。


世界で初めてヒットした1972年のPONGの実機が置いてあったり

20160503_010835005_iOS.jpg


世界初の家庭用ゲーム機の「オデッセイ」があったり

20160503_012125813_iOS.jpg


有名な「アタリショック」を生み出した「アタリ」と「アタリリンクス」が

あの伝説のクソゲー「ET」と一緒に展示されていたりと

20160503_012225086_iOS.jpg


ディープなゲーマーには涎モノの展示がありました。


他にはテーブル筐体の「スペースインベーダー」や

20160503_010923802_iOS.jpg


体験筐体としてヒットした「アフターバーナー」や「ハングオン」などおいてあり

20160503_011015737_iOS.jpg


昔のゲームセンターや喫茶店で夢中になっていた

とても大きいおともだちが楽しそうにプレイしていました。


またGTA3開発時のミッションフローの資料などが展示してあったり。

20160503_012442733_iOS.jpg


ただこの企画展は激混みでゲームをプレイする余裕なんて

微塵も無く、かと言って展示されている家庭用ゲーム機のコーナーは

殆ど持っていたり、プレイしたことがあったりで

残念ながら、そこまで楽しめなかったです。

PlayStationVRを体験するために入場料払ったものかも…。


さて、本命のPlayStationVRですが去年のTGSで「PlayRoomVR」を体験した以来です。

20160503_051232306_iOS.jpg


今回は新たに追加されたコンテンツ「RezInfinite」をプレイしてきました。

rez_20160506020036bef.jpg


Rez自体は知っていましたが未プレイで、以前の作品との比較は出来ません。

ただ、目の前に広がる没入感の高い映像と

ヘッドトラッキングでロックオンし、リズムに乗って弾を発射するという

気持ちよさは、今までのゲームで体験したことのない物でした。


多分ですが、ハードウェアにも改良が加えられていると思われ

先で体験したViveや他のVRや以前のTGSでも

メガネや本体の重さでズレが非常に気になってしまい

没入感を損ねていたのですが、

今回使用した物は前面の部分を密着して装着するのではなく

前面部分を目の前にスライドさせるという方式に変わっており

メガネをしていても快適に装着できるようになっていて

且つ、それでヘッドトラッキングをしてもずれないですし

密着させていないにも関わらず、

映像がかなり近い位置で表示されいたり、

外部の光が入ったりせずに没入感を阻害させないようになっており

かなり付け心地が良くなっていてVRでの懸念点がなくなったのは

素晴らしいと思います。


また今まで体験したVRの中で「今ある既存のゲームをVRにした」というのを

一番感じることができて、これが今年の10月に体験できるようになると思うと

ワクワクが止まらないです。


VR ZONEが先の未来だとするならばGAME ON(PlayStationVR)は

もうすぐ訪れる未来が感じ取れる体験でした。

早く来い!10月!早く来い!PlayStationVR!





そしてまた余談ですが、もしGAME ONでPlayStationVRを体験しようと

思っている人がいるなら、絶対にチケットは前売り券を買っていくべきです。

当日券だと開演してからの購入になり、チケット売り場も

かなり並んでいたので、整理券はまずゲットできないです。

それと時間ですが、自分は9時20分頃に並び始めましたが

それでも整理券はギリギリくらいでした。


VRの整理券とマイクラの整理券の列が同じなのですが

並び始めた時点で200人近くはいたかと思います。

意外にもマイクラ希望者の親子連れが多く

マイクラがブームと言われて、そこまでピンと来ていなかったのですが

展示会では猫も杓子もマイクラ希望者であふれていて

改めてマイクラの凄さを思い知りました。

ちなみにVR整理券よりマイクラ整理券の方が早くなくなっていたという…。




ゲームってなんでおもしろい?ゲームってなんでおもしろい?
角川アスキー総合研究所

KADOKAWA 2016-03-09
売り上げランキング : 7455

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plusサイズ対応)ハコスコ タタミ2眼 (iPhone5/6/6Plusサイズ対応)

ハコスコ
売り上げランキング : 3314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • DQ11/PS4
  • スプラトゥーン2/Switch
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • 巨影都市/PS4
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • メトロイドプライム4/switch
  • メトロイドサムスリターンズ/3DS
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター