とりもどせなかったRPG ゲームレビュー 『いけにえと雪のセツナ』

setuna.jpgタイトルいけにえと雪のセツナ
機種PC/PS4/Vita
発売日2016年2月18日
開発Tokyo RPG Factory
販売スクウェア・エニックス
総プレイ時間約30時間くらい
トロフィー/実績取得率60%
個人評価ランクE

~今までのゲームレビューリスト~











 とりもどそう。ボクたちのRPG

表題のキャッチコピーを付けられた本作。
SFC時代に発売され、未だ名作に挙げられる
「クロノトリガー」を意識して造られた作品で
昔懐かしい見下ろし型の2Dの様な画面や
フィールドMAPを移動出来たりなど、SFCのRPGをプレイしていた
プレイヤーには懐かしく感じます。

PS、N64からポリゴンを使った3Dが主流になってから
今やオープンワールドが当たり前のように
なってきているRPGというジャンルですが
スカスカ感を感じたり、凄い面白いと思える作品が多く無く
昔のドット絵クオリティーで良いから
大ボリュームの古き好きRPGがプレイしたいと
常々思っていた所に、こういった作品を出してきたのは
好印象ではありました。


また前述した「クロノトリガー」を意識して造られおり
「虹」や「グランドリオン」といった用語や、2人や3人などの連携技など、
シリーズのファンだったら嬉しい要素もありました。



そんな懐古ゲーマーの心を掴んだ作品でしたが
とてもとても残念な内容ばかりでした…。



 Vita版の酷さ

PS4とVitaのマルチプラットフォームタイトルの作品で
自分は気軽にプレイしたかったのもありVita版を購入しました。

が、これが失敗でした。

PS4版は未プレイなので分かりませんが
Vita版は処理落ちが凄まじく
ゲーム序盤の戦闘でクロノトリガーにも登場した
「回転斬り」が使用可能になり、クロノトリガープレイヤーは
「おお!」となり、心を鷲掴みにする掴みだったはずが
技を出したら画面がガクガクになり
これから始まる物語に不安に思うのでした…。

その不安が的中し、戦闘中コマンドを頻繁に選ぼうにも処理落ちが酷く、
コマンド選択が反応せずにイライラし、
このゲームのウリである、キャラの攻撃のタイミングで
ボタンを押すと色々な効果が発生する「刹那システム」も
処理落ちのせいでタイミングが取り難くイライラ。


また、戦闘以外でもイベントでキャラが会話する場面において
全キャラが出てきて表示するのに、もたついた上に
大体がどうでも良いと思える茶番ばかりで
さらにストレスが貯まっていきます。

他には戦闘中、技や魔法を使うと次のキャラも
技や魔法にコマンドが固定される意味不明なUIや
売買のUIも非常に使いづらく本当に過去のゲームを
リスペクトして造られているのか?と疑問に思うほどのUIです。


今の時代には付いて回る処理落ちやロード時間などが
時には悪い点と捉えられる中、
古き良き時代のゲームを目指したのなら
快適さという箇所を重視するべきだったのに
その点が疎かになってしまっているのが非常に残念であります。


 狭い世界とストーリー

この作品はタイトル通り、「雪」が降り続く世界なのですが
どこに行っても雪景色で代わり映えがしない上に
街の特色なく、ダンジョンにおいてはグラの使い回しが多くて
終いに何回も街を往復させて何もワクワクしてこない世界です。
最終的に飛空艇が出てきますが、飛空艇に乗ることで
世界の狭さを知ることになります。

ストーリーにおいては世界の平和の為に生け贄になるという
ファイナルなんちゃらで10聞いたことがある設定で
似たような設定の中、良い意味で言えば王道ですが
キャラの掘り下げもないし、ストーリーも薄っぺらくて
エンディングを見ても無感動でした。
結局主人公ってなんだったんですかね。


 戦闘バランスの悪さ

このゲームは技や魔法を覚えるのが、
敵のドロップアイテムを使う(売る)ことで入手できるのですが
どこの敵で何を落とすのかが不明瞭で、結局ずっと一部の魔法や技が使用不可だったり
ウリの合体技もMP消費が大きい割にダメージが高くないので使う頻度は少なく
戦闘での技や魔法を駆使する楽しさが感じられないです。

その上、所々に現れるバランスが極端なボスが登場し
特定の技や魔法が無いと倒せなかったりするので、
上記の技や魔法が覚えにくい点に加えて、
アイテム入手やLvを上げようにもシンボルエンカウントで時間が掛かったりと
ストレスが貯まる仕様が多いです。

また攻撃のミスが異常に多く表示されプレイのやる気を削いでいきます。


 その他残念点

武器強化要素もあったりしますが
短いスパンで辿り着ける次の街に行けば新しい武器が売ってたりするので
強化要素は最終武器まで使わないので死に要素になっています。

仲間になるキャラもそこそこいますが
前述した技や魔法を覚える苦労や、武器をしょっちゅう買い換えさせられるので
全員分購入出来ない悪循環に陥るので、ほぼメンバー固定になり
キャラの多さも死にシステムになってます。



■総評
Vita版は兎に角酷く、PS4版は多少快適かもしれませんが
それでも正直、面白いとは言えない作品でした。
「とりもどそう。ボクたちのRPG」と煽っておきながら
快適さや面白さには程遠く、全く取り戻せていないです。
元々あったシステムに付け足した部分が完全に蛇足になっており
ちゃんと練られて実装されてるとは思えません。

またクロノトリガーの要素を匂わせておいてファンからは
批判を受けてもおかしくない、宣伝勝ちなゲームでした。

クロノトリガーやクロノクロス、そして過去のJRPGが
如何に優れていたかが改めて分かった作品でした。


いけにえと雪のセツナいけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックス 2016-02-18
売り上げランキング : 918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いけにえと雪のセツナいけにえと雪のセツナ

スクウェア・エニックス 2016-02-18
売り上げランキング : 899

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • カグラPBS/PS4
  • ライトニングリターンズ/Xbox360
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
671位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター