ついにバイオが帰ってきた!『バイオハザード7 レジデント イービル』 ゲームレビュー

バイオ7タイトルバイオハザード7 レジデント イービル
機種PC/PS4/XboxOne
発売日2017年1月26日
開発カプコン
販売カプコン
トロフィー/実績取得率100%(本編)
個人評価ランクB

~今までのゲームレビューリスト~







 生まれ変わったバイオハザード

サバイバルホラーとして衝撃的な作品だった
バイオハザードでしたが、4以降の作品から
どんどんシューター向けになっていった作品でした。

自分としては4以前のバイオハザードが好きなので
昨今の作品にはがっかりしていたのですが、
7では今までのシリーズから「新生」しホラー要素よりの
バイオハザードに生まれ変わり大変うれしい限りでした。


 FPS視点での変化

今までのシリーズはキャラクターが画面上に見える
TPSでありましたが今作からはFPSに変わっています。

0から3までのシリーズ(以下、旧シリーズ)では所謂ラジコン操作によって
スムーズに移動が行えず、敵との対峙に緊張感をもたらしていましたが
このご時世、恐怖を煽るためにラジコン操作に戻すのは
流石に厳しいものがあり、新たに敵に対しての恐怖感を
もたらすのにFPS視点になったというのは
上手く取り込めていると思います。

敵から襲われる恐怖感だったり、敵との距離による緊張感、
後ろが見えないからこその、追われる怖さや
どこからともなく聞こえてくる「音」の恐怖など
FPS視点だからこその「恐怖」を感じることができました。


 密室での探索とサバイバル感

旧シリーズでは、探索してアイテムを見つけて
進んでいく「探索要素」がありましたが
今作で復活しているのは非常に嬉しい限りです。

鍵を見つけて、新たなエリアに行けるようになり
この先に、何があるんだろう?とか
どんな敵がいるんだろう?とか、このドキドキ感が
バイオハザードなんだ!と旧シリーズが好きだった人には
懐かしく思うのではないのでしょうか?

また、先に何が待ち受けているか分からず
アイテムの持ち出しの試行錯誤や
弾の温存管理などのサバイバル感も懐かしく良かったです。


 ビデオテープ

体験版から何度も登場しているビデオテープですが
スマホが出てきたりしているのに
何でビデオテープ?とツッコミを入れたいところではありますが
別のキャラの視点の変更という使い方が
雰囲気を壊すこと無いので凄く関心しました。

また別のキャラがビデオテープ内で行ったことが
主人公の視点に戻ったときに反映されて相互作用したり
攻略の際のヒントになったりと面白い使い方ですね。


 PSVRによる、さらなる臨場感

PSVRのソフトはボチボチ発売されていますが
どれも「VRのために作られた」ソフトばかりで
ボリューム不足を感じたり
ゲーム性の物足りなさを感じていましたが
バイオ7は通常のゲームとVR両方同じ内容ということで
普段遊んでいるゲームがVRで遊べるという
初のソフトになると思います。

初回プレイの時は、インフルエンザに掛かってしまっていて
高熱が出ていたので体調面を考慮し普通にプレイしました。
体調がそこそこ回復して2周目からVRでプレイしたのですが
VRでプレイするからこその臨場感を得ることができました。

特にボスなど巨大な敵は、やはりド迫力になって
VRならではの臨場感を得ることができると思います。


怖さに関しては自分はホラーゲームが好きなので、
そこそこプレイしているのですがプレイしているからこそ、
残念ながら耐性が付いてしまい
ちょっとやそっとじゃ怖いと思うことが実はそんなありません…。

上記で「恐怖感」と述べてはいましたが
プレイしていて「あぁ、これは他の人は怖がるだろうなー」とか
思いながら平常心でプレイをしていた訳だったのですが
VRでプレイしてみると敵が迫ってくる迫力だったり
敵との距離感が普通にプレイするのと変わって慌てたり
追いかけられている恐怖感などが倍増して
久々に「ちょっと怖い」と思いました。

先がわかっている2周目ですら「ちょっと怖い」だったので
もし初回プレイをVRでプレイしていれば
結構恐怖感を感じられたのではないかと
ちょっと後悔しています。


 DLCについて

シーズンパスを購入して一通りプレイしました。
Vol.1の「ベッドルーム」の脱出ゲームは
頭をつかうことがあるので面白かったのですが
かなり短くて、ボリュームのなさは残念です。

Vol.2のベイカー一家の本編前日談を描いた
「ドウターズ」も面白いのですが、これも凄く短い。
「ジャック55thバースデイ」はコミカルさや
攻略ルートの模索など面白かったです。

ただ全体的に言えるのは
どれもちょっとボリューム不足かなぁと思います。
個人的には戦闘寄りの内容にあまり興味がなかったので
シーズンパスじゃなくてVol.2だけ買えば良かったと思ったり。





■残念な点

 若干の物足りなさ

初回プレイはクリアまで10時間程と
アクションゲームとしては丁度良いくらいなのですが
探索範囲が狭いせいか手狭感というか
クリアしたときに「やっと抜け出せた!」というのが
若干物足りなかったように思えます。

それでもシリーズお得意の終盤は研究所にいって
爆発するみたいな、うんざりしたお約束よりかは
全然良かったのですが、
道中のボスの少なさのせいか、絶望からの脱出感が
あまり感じられなかったのかもしれません。


 クリアしても不可解な点が多い

ぶった切られた左腕がホッチキスで
止められている程度でくっついていたり
回復薬を使うだけで一瞬で治る治癒能力を持つ
謎が多い主人公だったり、
ミアは結局どこに属していたのか?
逃げた?家族の行方や終盤で出てくるお馴染みの「あの人」等々…。

今後のシリーズの序章として、謎を残しているのかもしれませんが
「あの人」が出てきた時点で
次のタイトルは、またシューター系になるんじゃ…と若干不安です。

クリアーしてもよくわからない点が多く
スッキリしないのが少し残念でした。




■総評
探索感やサバイバル感など旧来のらしさを取り入れつつ
新たに生まれ変わったバイオハザードは面白かったです。
願うならば、今後もこの路線で是非行ってほしいと思います。

ただ正直な所、徐々に進めるようになる体験版で
「あーだこーだ」他の人やネット上で模索や考察を
行っていたときが一番面白かった気もしないでもないです…。

兎に角、旧来のシリーズが好きだった人には
バイオハザードが帰ってきたと嬉しく思う作品でした。



バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 【CEROレーティング「Z」】  - PS4バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 【CEROレーティング「Z」】 - PS4

カプコン 2017-01-26
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バイオハザード7 レジデント イービル  - PS4バイオハザード7 レジデント イービル - PS4

カプコン 2017-01-26
売り上げランキング : 237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.【CEROレーティング「Z」】  - XboxOneバイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.【CEROレーティング「Z」】 - XboxOne

カプコン 2017-01-26
売り上げランキング : 3032

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バイオハザード7 レジデント イービル  - XboxOneバイオハザード7 レジデント イービル - XboxOne

カプコン 2017-01-26
売り上げランキング : 6209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • カグラPBS/PS4
  • ライトニングリターンズ/Xbox360
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
94位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター