Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を2日やり倒して思うこと

発表→予約開始→発売までのスパンが短すぎて
待ちに待った新ハード!というワクワク感が
足りない気もしますが、買いました!
Nintendo Switchとゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド。

switch01.jpg


土日と一歩も家から出ずにやり続けた訳ですが
新ハード「Nintendo Switch」はどうだったのか?
その辺りを今回は書こうかと思います。







 プレイスタイルを変えることが出来るのがやはり大きい

Nintendo Switch(以下switch)に少しでも興味がある人ならば
勿論ご存知のことと思いますが、
switchはTVモード、テーブルモード、携帯モードと
3つのプレイスタイルを変えることができます。

WiiUではGamePadによりモニターに映さずプレイできるソフトがあったり
他のハードで言えばPSPの外部出力機能だったり
PS4のリモートプレイなど
モニターと手元で画面を見るというスタイルは
過去に似たような物があり、新しいものではないと思うのですが、

WiiUで言えば完全にモニター無しでプレイできないソフトがあったり
外に持ち運ぶのは厳しい。
PS4のリモートプレイも外でプレイは可能だが回線状況によって
遅延や通信切断があったり、ボタン数が足りない。
PSPは元の解像度が低すぎてモニターでプレイするのが厳しい。

等々の理由により、完全に家と外で全く同じ環境で
遊べるというのはできていなかったと思います。


switchに関しては、モニター⇔携帯という切り替えが楽で
がっつりやりたい時はドックにセットして大画面でプレイして、
寝る前だったり、ソファーに掛けて楽な姿勢で
プレイしたいという時はドックから外してプレイという
ライフスタイルに合わせた切り替えができるのは本当に楽だと思います。

また据え置きだろうと携帯だろうとソフト1本で済むというのが嬉しい点で、
例えばPS4とVitaのマルチプラットフォーム販売されているソフトが
ぼちぼちあったりしますが、大画面とスペックを取るか
持ち運べる携帯性を取るかで、どっちを買おうか悩んだりすることが多々あったのが
switchでは気にしなくて良いというのは、地味に大きいと思っていたりします。


switch02.jpg



他に注目すべきは、昨今のスマホやタブレット同様に
基本はスリープで待機しておいて、使いたいときは電源を押して、
すぐに使えるというスタイルがswitchには取り入れられています。

昨今、ゲーム機よりスマホやタブレットに流れてしまった原因の1つとして
ゲーム機の電源を入れて、本体が立ち上がるまで待ってという
待機時間の発生により、億劫になってプレイしなくなるというのが
少なからず要因の1つとしてあると思うのですが、
昔ながらのカートリッジタイプのゲームのように
電源を入れて即プレイというのを、(現状)復活させたのは大きいと思います。
あのWiiUのもっさり起動時間や、3DSのクソ遅いショップが
改善されているのは良いです。

PS4もスタンバイモードで、即プレイというのは可能なのですが
プレイ前のインストールやパッチのダウンロードの
待機時間が長いという点があるので
今後、switchがインストールやパッチダウンロードに
時間がかからないようであれば、かなりの優位性があると思っています。
結構ゲームをプレイする自分ですら、やはりあの待機時間は
ゲームを今からやるぞ!という盛り上がりを無くす物です。
なので今後も気軽にプレイ出来るハードになることを期待しています。



 switchで微妙に感じたこと

ゼルダを全てのスタイルでプレイしてみて微妙に思う点もあり、
まずテーブルモードがイマイチに感じました。

TVモードの大画面だったり、携帯モードの手元でプレイというのと違い
遠すぎたら画面が小さすぎて視認性が悪いし
近くによるなら携帯モードで良くない?という
立ち位置として微妙なモードな気がします。

他の人と一画面でプレイするとしても
あの画面サイズで分割も厳しいでしょうし
このモードの活用方法が今の所、体感できていません。

また、テーブルモードで多用されると思われる
コントローラーを両手で持つスタイルなのですが
グリップに付けたときや、本体両端に付けるスタイルと比べて
ストラップを付けないと保持性と手元の感覚が違いすぎて
全く同じコントローラーでプレイしているのにも関わらず
操作に手間取ってしまいました。

ストラップをつければ若干マシなのですが
TVモード⇔携帯モードの切り替えが
ドックに差す(外す)、コントローラーを外す(差す)という
2ステップという簡単な流れだからこそ良いのですが
そこにストラップを付けるという1クッション入るのが
遊ぶ気軽さというのを、阻害してしまうのではないのかなと思ったり。

ただ単に、新しい遊び方、流れなどに
自分が順応できていないだけな可能性も十分あるので
あくまで現時点での感想になります。



■結局switchはどうなのか
スペック的にはWiiUやPS3、Xbox360世代に近いという
今世代のPS4、XboxOneには劣り、
値段もPS4と同等ということで正直な所、
買って凄い良かった!という程でもありません。

どのハードにも言えることですが、
結局はやりたいソフトがあるかどうかに尽きるかと思います。
正直、現時点ではスプラトゥーン2発売まで
欲しかったソフトがゼルダしかないので
WiiU版でも良かった気がしないでもないです。

ただ据え置き機としてはスペックが若干劣っているとは言え、
携帯機としてみればWiiU、PS3、Xbox360のゲームが携帯できるというのは
3DS、Vitaと比較すると、凄まじいスペックアップをしているとも捉えられます。

そして何より、遊ぶスタイルを自由に変えられるので
気軽に遊べるというのは良い点です。

WiiUの時よりかはサードパーティーの参入の敷居は低くなったと思われるので
今後、発売ソフトが充実していけば
良いハードになるポテンシャルを秘めている
ハードだと感じられるのが、現時点でのswitchの印象でした。

結論:ゼルダはやっぱり面白い



Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレーNintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

任天堂 2017-03-03
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッドNintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

任天堂 2017-03-03
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

任天堂 2017-03-03
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • ライトニングリターンズ/Xbox360
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • カグラPBS/PS4
  • KH1.5+2.5/PS4
  • ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド/switch
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
606位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
105位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター