過小評価されているファイナルファンタジー ゲームレビュー 『ファイナルファンタジー13-2』

FF132.jpgタイトルファイナルファンタジー13-2
機種PC/PS3/XBOX360
発売日2011年12月15日
開発スクウェア・エニックス/トライエース
販売スクウェア・エニックス
トロフィー/実績取得率71%
個人評価ランクC

~今までのゲームレビューリスト~







以前FF13をプレイ&レビューしましたが
自分には合わなかったようで
FFの中でもぶっちぎりで面白くないと思いました。

今回レビューするFF13-2はそのタイトル通り
FF13の続編的作品でもあるのですが、
そんなつまらなかったFF13の続編なのに自分の中で評価はそこそこになっています。
その時空が歪んでしまった原因を探っていきたいと思います。



 戦闘

FF13はコマンドバトルを「魅せる」ように作られており
コマンド選択やお馴染みのATBに加えて
攻撃による「ブレイク」ゲージを貯めることによって
空中に浮かせて攻撃したり大ダメージを与えたりと
今までのコマンドバトルを発展させた形になっていました。

またFF12のガンビットの簡易系とも思われる
仲間キャラの行動を指定するロールとオプティマチェンジにより
AIの仲間との連携できるシステムになっています。



ブレイク前提の敵の強さになっている為
1つの戦闘に恐ろしく時間が掛かりテンポが悪かったり
オプティマチェンジした時の演出が長い&無防備で
操作不能な状況で敵の攻撃を喰らい続けたり等々により
全く「面白くない」と感じておりました。

FF13-2ではその戦闘システムをさらに手を加えられた物になります。
またあの苦痛を味わなければならないのか…と
プレイを初めた訳ですが

・今作は主人公キャラ2人は全てのロールを覚えられるので
 キャラ格差が生まれにくい、ロールによってやることが明確になっている
・それにより連携している感を感じられる
・オプティマがリセットされないので煩わしくない
・オプティマチェンジがスムーズでイライラしない
・一部を除きブレイクまでが短縮されているので戦闘がそこまで長期化しない

あれ…これ面白いんじゃ…。と
FF13では面白さに自分が気が付かなかっただけな点もあるかもしれませんが
FF13-2では前作と同じシステムと思えないほど快適になっており
これがコマンドバトルの進化系だ!と言われても納得できる内容です。

またエンカウント方法も、前作の無意味なシンボルエンカウントとは違い
敵のPOP場所に近づくと出現し、敵と接触する際にアクションボタンを押すことで
先制を取ることが出来たり、逃げることができたりと
シンボルエンカウントである意味がちゃんとあると思います。

キャラ成長に関しては何のロールにポイントを振るかという
選択の幅も広がり成長させる楽しさが生まれ

成長させる経験値を得たい為に戦闘をする→戦闘の面白さ→成長

という、当たり前ではありますが
戦闘に対するフローが正常化されたように思えます。


 MAP

前作では

ムービー→ちょっと操作し上進む→ボスっぽいの→ムービー

の繰り返しで、もはや上スティックを入れているだけでいいのでは?
と錯覚してしまうほどの一本道でしたが
今作では、広いとまでは言えませんが
そこそこの規模のMAPを進み、道中のアイテムを見つけたり
クエストをこなしたり、強敵と戦ったりと
RPGらしくて楽しめました。

また、今作ではタイムトラベル物になっており
同じMAPでも時代により変化があり
時代の違うMAPを行き来して進めていくという遊び方も良かったと思います。


 ストーリー

物語は前作のエンディングから始まり
何故かみんなの記憶からライトニングが消えてしまい
ライトニングのことを唯一覚えている妹のセラが
消えてしまったライトニングを探しに
歪められた歴史を正していくという
MAPの項でも述べた通り、タイムトラベル物になっていてます。

またタイムトラベル物ということで
2周目からはIFの結末を見ることができる
マルチエンディングとなっており
周回プレイもそれなりに楽しめました。

正史であるエンディングの結末に関しては
衝撃的で賛否両論がある所ではありますが
次作のライトニングリターンズに繋がると思えば
悪くはなかったかな…。

前作同様とっつきにくいストーリーではありますが
前作をプレイし、ファブラノヴァクリスタリス神話の設定を知っていれば
前作よりかは、まだ分かりやすかった…?と思います。



■残念な点

 MAPが少ない

色々と探索できるようになり面白いのですが
MAP数が少ない上に、時代を変えても
環境変化やオブジェクト配置の違いだけで目新しさが少なく
物足りなさを感じました。

 隠しエンディングについて

マルチエンディングになっていますが
隠しエンディングを見るための条件がかなりめんどくさい上に
隠しの割には大した内容ではなく
労力と結果が見合っていないのが残念です。
まだ情報が出揃っていない時、
本編のエンディングの結末が報われると信じて
頑張った人は本当にお疲れ様でした…としか言えません。

 完熟大王がおかしい

前作に比べて、格段に面白くなった戦闘なのですが
序盤の方で登場する「完熟大王」というボスで
いきなり難易度が跳ね上がり何度もゲームオーバーになりました。
中盤以降ならまだ分かりますが、序盤であの強さですと
挫けてやめてしまうのではないか?と
コントローラーを思わず投げたくなる難易度でした。



■総評
FF13が個人的には酷すぎた、そしてFF13-2と並行でプレイしていた
FF15も微妙だったという状況から
FF13-2はFF13やFF15よりも全然おもしろい!と思える内容でした。

ただ惜しむらくはFF13という苦行を乗り越えないと
ストーリーの内容が分からないという点において
ハードルが高くはなってしまいますが
前作でダメだった点が色々と改善されており
RPGらしく普通におもしろい作品だったと思います。

前作もあってか過小評価されている気がしますし
値段が暴落している作品ですが
FF13で嫌気がさしてやらなかった人は
是非とも遊んでもらいたい作品だと思います。



ファイナルファンタジーXIII-2 デジタルコンテンツセレクションファイナルファンタジーXIII-2 デジタルコンテンツセレクション

スクウェア・エニックス 2013-07-18
売り上げランキング : 4820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2

スクウェア・エニックス 2013-07-18
売り上げランキング : 5148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ファイナルファンタジーXIII-2 デジタルコンテンツセレクションファイナルファンタジーXIII-2 デジタルコンテンツセレクション

スクウェア・エニックス 2013-07-18
売り上げランキング : 23831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2 プラチナコレクションアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーXIII-2 プラチナコレクション

スクウェア・エニックス 2013-07-18
売り上げランキング : 13552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • DQ11/PS4
  • スプラトゥーン2/Switch
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • 巨影都市/PS4
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • メトロイドプライム4/switch
  • メトロイドサムスリターンズ/3DS
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
99位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター