王道のドラクエが帰ってきた! ゲームレビュー『ドラゴンクエスト11』

DQ11.jpgタイトルドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
機種PS4/3DS
発売日2017年7月29日
開発オルカ
販売スクウェア・エニックス
トロフィー/実績取得率100%
個人評価ランクB

~今までのゲームレビューリスト~







ドラクエ11のPS4版をやっとのことでトロフィーコンプリートしました。
そんなドラクエ11を隅々までプレイし
かつドラクエ10プレイヤーとして
ドラクエ10プレイヤーの視点からの
ドラクエ11のレビューという形に今回はなります。
※ドラクエ10をディスる訳ではないのであしからず。



 ■グラフィックの進化に伴う街並み

発売されたハードがPS4に加えて自社エンジン等ではなく
UE4を使用されているという事もあってか
グラフィックが8は勿論の事、
10と比べても大幅に進化したのには驚きました。

10はWiiというハードのスペックの物足りなさや
オンラインゲームという特性上、読み込み重視の為に
とにかく処理を軽くするという方向性で作られていると
思われるという点を重々承知してはいるのですが
10のどことなく全体的にノッペリとして
起伏に物足りなさを感じる街並みやフィールドを比較すると
11は細かい箇所まで作り込まれており、
ここまで情報量が多いと見栄えは良いし
見ていても楽しいと思います。

10もこれくらいグラフィックが良ければ
もっと良いのにと思うほどでした。


街が広いのは良いですが、見る場所も探索のし甲斐も全く無く
主要な場所以外全く行くことがない
あまりワクワクしない10の街と比べると、
11の街は程よい広さで、街中の全員に話しかけたり
街中の全てのツボを破壊して調べたりするのは
少々骨が折れますが、本棚にレシピ本があったり
小さなメダルや種など入手出来るアイテムのリターンが
そこそこ良いので、探し甲斐はあったので
探索は楽しめたと思います。

また街によって景観が違うので、
色々見回ってても楽しいですし
NPCとの会話もヒントが聞けたりドラクエらしい会話が見られて
あまり苦にはなりませんでした。



 ■フィールド

10と比較すると若干狭くはありますが、
モンスターの配置の距離感が10ほど離れていないので
スカスカ感を感じることが無いですし
ヒーローズの様に、フィールド上でモンスターが寝ていたり
じゃれ合っていたりする様子を見ることができ
魔物と言えど、愛嬌のあるドラクエのモンスターの
魅力を引き出すことが出来ているのは
3DS版では感じることのない、
グラフィックに優れているからこそ
見ることが出来る要素だと思います。

その可愛らしいモンスターを馬で引き倒したり
剣で切りつけたりする主人公がいるとかいないとか…。



 ■キャラクター

正直な所、公式サイト等で発表されていた
キャラクターたちを見て
主人公は10のキャラメイクで見たことあるような
時代錯誤のロン毛だし、他のキャラクターもイマイチだなーとか
思っていましたが、本当にすみませんでした。

実際プレイしてみて、キャラの性格設定や会話など
とても魅力を感じるように作られており
とても好感を持てました。

また8や10と比べると、等身がかなり高くなっており
最初は違和感を感じていたのですが
次第に慣れていき、グラフィックの良さを活かした
キャラクターの表情や仕草などが丁寧に作られており
キャラが活き活きしていて魅力をさらに高めていたと思います。

と、いうかですね
マルティナとベロニカが自分の中の
歴代のドラクエのキャラクターの中でも
上位に食い込むほど好きなキャラになりました。
これも、ドット絵やテキストだけでは無く
見た目というのが非情に魅力を感じる要素になっているかと思います。

またストーリーに関わってくるMOBキャラや
ただ街にいるだけの名もないNPCキャラに関しても
女性キャラに関しては、どれもとても可愛い!



 ■ストーリー

主人公=勇者という設定のナンバリングは
自分の記憶が正しければDQ4以来だと思います。

その勇者である主人公が世界を滅ぼそうとする
巨大悪と戦うという、ドラクエらしい王道のストーリーで
今作も期待を裏切らないストーリーになっています。

歴代のシリーズと比べると抜きん出て良いものとは
言い難いですが、手堅く作られており
ある種の懐かしさや安心感を覚える物。

また本来ならば35周年を目標に作られていた作品だけあって
歴代のシリーズのオマージュ的な要素が
散りばめられており、ファンなら嬉しくなる場面も
多々あるかと思います。

また11の舞台である「ロトゼタシア」という名称であったり
主人公の持っている剣など、これってもしや…?と思う点も
しっかりと応えてくれていたり
副題である「過ぎ去りし時を求めて」という意味も判明するので
シリーズのファンとしては中々に良かったです。



 ■戦闘

戦闘は3Dでありながら、定番のコマンドバトルになっており
ドラクエ10ぽいと思いきや8に近いと思います。
今の時代、コマンドバトルは古臭いと
言われてたり言われなかったりするかもしれませんが
個人としては敵の攻撃を予測して行動を決めたりするなど、
コマンドバトルならではの面白さや良さがあると思っているので
特に苦になったりはしませんでした。



 ■スキルシステム

覚える呪文やスキル、武器などはDQ9やDQ10から継承されており
馴染み深い物ばかりですが、11のスキル取得に関しては
FF10のスフィア版やFF12のライセンスボードに
似たような物となっていています。

中には何のスキルか分からないパネルがあって
周りの4つのパネルを開放しないと判明しない物などあり
このスキルはこの分からないパネルなのではないか?など
スキルを知っているからこその手探り感などあって
まぁまぁ良かったと思います。

勿論、9や10をプレイしていない人でも
どんなスキルや呪文があるのだろうと
知らないなりの楽しみがあるかと思います。



 ■武器や防具

11では武器や防具を店から購入するという
定番の方法以外に、10から持ってきた
鍛冶というミニゲームで素材から作成する事ができます。

10はオンラインゲームなので
簡単に良い物が作られては経済が破綻してしまう為
運が絡む激マゾ要素だったので
10ユーザーからはネガティブな印象が強く
最初に鍛冶が11でも出て来ると判明した時には
荒れに荒れていたと思うのですが
流石にオフラインゲームという事で
10に比べるとかなり楽に良い物が作成することができて
素材を手に入れるというのも楽しみがあって
良い要素になっていたと思います。

しかもこの鍛冶というのがストーリー的にも、
大きく関わってくるので
鍛冶が11に取り入れられたのも
今となっては何となくわかります。

兎も角、10ユーザーからすると
あまりにも楽に作成できるので
10でもこんなに楽に作成できれば
どれだけ楽しいことか…と思いながら
鍛冶に勤しんでいたのでは無いでしょうか。




 ■戦闘の不満点

戦闘に関して、残念に思う点なのですが
まず、ターンが回ってきたキャラを自由に動かせる
意味が全く分からない点。
敵の範囲攻撃など当たらない遠くにいても
ダメージを受けるので、不自然極まりないです。
別に動かせるだけというだけなら良いのですが
次にターンが回ってくるキャラクターに
カメラが固定される為に、
他のキャラクターが攻撃を喰らっている様子が見れず
何をされているのか全く分からなかったり
見切れる事が多いので見難くてこの上無く、
戦闘でのカメラワークは正直かなり悪いと感じます。

またこれは10をプレイしていたから思ってしまうのですが
戦闘自体に関しては、圧倒的にドラクエ10の方が良く出来ています。
戦闘中に動けるからこそ、立ち回りで攻撃を避けたり
ターゲット管理や前衛や後衛の重要性などあって
コマンドバトルと上手く融合できていると思います。
なので中途半端に10っぽい感じの戦闘画面である
11をプレイすると違和感と残念さを感じてしまいました。

そして、バイキルトなどのバフに関して
効果時間が余りにも短くバイキルト以外の補助スキルが
死にスキルになっている気がします。
それに対し、敵からの睡眠、麻痺等の状態異常攻撃の
効果時間が長すぎて、何も出来ないなどの場面が多く
かなりストレスを感じる要素でした。
ヒーローズの時も状態異常の嵐で同様に感じましたが
防ぐ手段が容易に用意できる物でも無いのに
状態異常を頻繁に喰らうというのはバランスが非常に悪いです。



 ■武器選択やスキルの幅の無さ

これも戦闘と同じく10との比較になってしまうのですが
1キャラに複数の武器のスキルを覚えさせても
10のように予め2種類装備させておいて1ボタンで
切り替えるなど無いので、他の武器スキルを覚えさせても
付け替えるめんどくささで使う頻度が低くて残念です。

それ以外にも、シリーズではある意味お決まりかもしれませんが
強いスキルと弱いスキルの差が大きく感じ、
結局の所強いスキルとその強いスキルの武器しか使わなくなるという
色々取得出来る意味合いが薄くなっているのが残念です。
死にスキルも多く、クリアまで1回も使用しなかった
スキルも多いかと思います。
折角スキルポイントを使用して覚えたのであれば
何かしら使う意味が欲しかった所です。



 ■一部の要素を許せない

11でもクエストが存在し、(恐らく)全てのクエスト60種をクリアしました。
その中でもルーレットでジャックポットを出せというクエストがあり
自分はこのクエストに怒りで震えました…。
まぁ別に全てやる必要は無いのですが
運という要素が大きい上に、時間がかなり掛かるという点において
プレイヤーに対して何のためにこれをやらせるのか、
プレイヤーが面白いと感じると思ったのか?と
これを考えた人に対して問いたいです。

それともう1点はPS4版のみの要素として
ウリ?にされている「ボウガンアドベンチャー」。
フィールド上に配置されているマトをボウガンで破壊するという
要素なのですが、例えばゼノブレイドのように
フィールドの景観を楽しみつつ探索してスポットを見つけるという
探索する楽しさを増やす方法のようなものならば良いのですが
元々のカメラワークの悪さやオブジェクトの透過の見にくさに加えて
マトが小さく見つけづらい上に、マトの側にはフィールドの景観を
楽しむ要素も皆無であり、何が面白いのか微塵も理解し得ない要素でした。

自分はジャックポットクエストと
ボウガンアドベンチャーを考えた人たちを絶対に許さない!
と思うほど面白くない要素でした。



 ■マップが見えてしまう問題

これは3DS版のDQ7等でもありましたが
ダンジョンに入ってもマップが表示される場所が殆どであり、
迷うことが無くなったのは良い事なのかもしれませんが
ダンジョンで迷って、どんどん疲弊していき
ボスに挑み死闘を繰り広げるといった
自分の中のドラクエらしさが皆無になってしまい
最早、時代錯誤なのかもしれませんが
昔からのドラクエをやっているからこそ
少し残念に思ってしまいます。



■総評
10もなんだかんだで面白いですが
9や10の本流と外れた物では無く
完全オフラインの王道のドラクエとしては
満足行くものだったと思う物でした。

グラフィックがリアルになればなるほど
ドラクエのアニメーションの様なキャラクターと
かけ離れてしまい違和感を感じてしまうと思うのですが
グラフィックがよくなっているのに
ドラクエの世界観や雰囲気を壊さず上手く合わせており、
素晴らしいと思います。

自分は以前、ドラクエは中途半端に3Dじゃなくて
2Dで良いんだよ!と思っていた時期もありましたが
こういった3Dなら全然ありと思うようになりました。
当初、3DSとPS4のマルチと聞いた時、どうして?と思ったりもしましたが
昔ながらのドラクエプレイしたいユーザー、
DS版レベルで十分なユーザー、
綺麗なグラフィックでプレイしていユーザーと
色々なニーズに応える事を想定して手間の掛かる
3パターンを作ったのは色々なユーザーの期待に応えた物であり
流石、国民的RPGと言われるドラクエなんだなと思ったりします。

自分は3DS版はまだプレイしていないので
3DS版の良さは、またあるのでしょうが
3DS版で十分だよ!と思っている人は
是非とも違ったビジュアルで展開される
PS4版もプレイして欲しいですね。
きっとベロニカとマルティナが
より魅力的に感じると思います!


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックス 2017-07-29
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて (早期購入特典「しあわせのベスト」「なりきんベスト」を先行入手することができるアイテムコード 同梱)

スクウェア・エニックス 2017-07-29
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • DQ11/PS4
  • スプラトゥーン2/Switch
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • 巨影都市/PS4
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • メトロイドプライム4/switch
  • メトロイドサムスリターンズ/3DS
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
472位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
80位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター