ゼノブレイドに並ぶ待ち望んでいた続編 ゲームレビュー 『ゼノブレイド2』

Xeno2.jpgタイトルゼノブレイド2
機種Switch
発売日2017年12月1日
開発モノリスソフト
販売任天堂
トロフィー/実績取得率-
個人評価ランクA

~今までのゲームレビューリスト~







個人的にはプレイしたRPGの中でもかなり上位に入る「ゼノブレイド」。
前作?の「ゼノブレイドクロス」は期待とは裏腹に
自分にはあまり合わず残念な作品という印象でした。

そのゼノブレイドクロス発売からわずか2年も経たない内に
「ゼノブレイド2」が発表され
クロスの出来の不信感や発売のスパンの速さ、
そして今までのシリーズとは大幅に変わった
ジャパニメーション的なキャラクターなど
正直なところ、不安要素はかなり多かったです。

そんな中で始めた「ゼノブレイド2」ですが全ては杞憂でした!





タイトルがナンバリングになっているだけあって
機神と巨神に似た舞台である巨神獣の上で暮らす世界。
ストーリーは1以上に王道中の王道と言える
わかり易く熱い展開が繰り広げられ
ゼノシリーズでは定番?である、進むに連れて解明されていく
世界の謎への驚愕やSF要素の絡みなど満足行くストーリでした。

またナンバリングである意味、そして前作との繋がりなど
まさに求めていた「続編」であったと思います。


また前述したジャパニメーション的なキャラクターですが
ゼノブレイド、ゼノブレイドクロスと
キャラのグラフィックに関しては若干残念と言えましたが
今作に関しては、かなり良くなり、
設定画を忠実に3Dモデルに落とし込まれていて
クオリティーの高いものになっているに加えて
どのキャラもキャラ付けがされていて魅力的です。

またブレイドと呼ばれる、装備的なキャラクター達の数は
かなり多いにもかかわらず、ボイスはもちろん
クエストもちゃんと用意されていて
掘り下げがある程度行われているので
いろいろなブレイドを入手する楽しみもあります。
何より、今までのシリーズでは足りなかった
女性キャラの絶対的な可愛さと
それを表現する、表情の豊富さがよりキャラクターの魅力を引き上げています。
特に主人公の相棒と言えるホムラに
グラフィック、演出、ストーリーでの関係性など
丁寧に魅力を感じるように作られていて
ストーリー上では全く関係ない場所で
何と名前を呼ぶかを30分くらい頭を悩ませたり
EDの展開では思わず泣きそうになってしまったりと
コンセプトである「ジュブナイル&ボーイミーツガール」というのに
納得させられるものでした。

また前作では有料アイテム前提とも思わせるような
めんどくさいキズナ上げは
今作ではだいぶ緩和されているのも良い点です。


戦闘に関しては従来のシリーズと同様
MMOのようなオートアタックでアーツ(スキル)ゲージを貯めていき
発動するという物ですが
2では今までのシリーズのアーツ数が8個から3つに減少していて
XYBと各ボタンに対応したアーツを使用に変更されています。

最初は、アーツ数の減少により戦略性の幅が狭まり
初心者用に簡単にしたのかなぁという印象でしたが
ブレイドやスキルが増えていったり
ストーリーが進むに連れて、戦闘がガラッと変わり
転倒→撃ち上げ→撃ち落としを繋げたり
アーツを超高速で連発し必殺技ゲージを貯めて
必殺技をバンバン撃っていく、高速でド派手な戦闘に変わり
今までのシリーズの戦闘システムのようで
まるで違った爽快感のある戦闘システムだと気がつくことになります。

ただ従来よりボタン数が減り、わかり易くはなっていますが
その分、やることが割とパターン化してしまうのはデメリットかもしれません。



このレビューを書いている時点でプレイ時間は175時間を超え
ストーリークリア後に1体を除くレアブレイドを全て入手し
キズナも9割を埋め、ユニークモンスターも全て倒し
2周目をやるかやらまいかを悩んでいる状態です。

このクリア時間から、凄いボリュームがある!と感じるかと思いますが
確かにボリュームは凄いです。
これでもクエストは全てクリアーしていないですし
レアブレイドのキズナコンプリートも、まだ数体残っています。
ですが、逆に言えば時間が掛かりすぎて
途中でプレイするテンションが落ちてきたり
緩和されたとは言え、仲間のキズナ上げのかったるさなど
やり込みのベクトルが「作業」になってしまうのが少々残念な点です。

また、レアブレイドを増やすためには
敵からのドロップアイテムを手に入れて
俗に言うソシャゲなどにある「ガシャ」を行わなければならず
これが後になるに連れて、全くと行っていいほど当たらないです。

しかも基本的に引いたキャラにしか装備することができずに
用途が全く合っていないキャラを引いてしまった時の絶望感や
事前に発表されていて、使いたいと思うキャラを手に入れるのが
完全に運要素であったりと
このゲームの残念であるシステムの1つであります。

引いたキャラとは別のキャラに移し替える救済アイテムは存在しますが
入手数が限られていたり、いつの間にか入手していて
ちゃんとした説明もされないので、適当に使ってしまったりなんてことが起こりました。
ゼノブレイドシリーズに共通して言える
もう1つの残念な点である、システム説明の不親切さや
従来より改善されましたし、アップデートでもさらに改善されたとは言え
UI、特にソート周りの使いづらさは2に至っても残念と言えます。

それに拍車を掛けるのが、膨大なアイテムの量で
アイテムが多すぎて全く把握ができず
アイテムを手に入れても、何の嬉しさも感じないのが
探索できるゲームとしては悪い点だと感じます。

システムでもう1つの不満点は
フィールド上で各ブレイドが持つ能力によりアクションを起こせるフィールドスキルに関して、
いちいち付け替えなければならない煩わしさは、何一つ擁護できません。
特にハシゴ途中にあるフィールドスキルに関して
発動Lvが足りなければ、1回降りて付け替えて
また登らなければならないという、正気とも思えない仕様になっています。
本当にこのシステムに関してはイライラさせられました。




■総評
最近話題になっていたRPGの「ペルソナ5」も「ニーアオートマタ」も
プレイしていないので比較はできませんが
近年プレイしたRPGの中でもゼノブレイド以来のトップクラスとも言える
素晴らしい作品だったと思います。

やり込み要素に関しても個人のプレイ意思によるものですし
長いとは言え、クリアーまでなら100時間前後で
ちょうど良いボリューム感とも言えます。

正直、ゼルダとこのゼノブレイド2をプレイするだけのために
Switchを買っても良いと思えるくらいの作品でした。
2とナンバリングになっているとは言え
前作をプレイしていなくても楽しめますし
前作をプレイしていればより楽しめる作品なので
RPGが好きでまだ未プレイという方は是非ともプレイしていただきたい作品です。



Xenoblade2 (ゼノブレイド2)  - SwitchXenoblade2 (ゼノブレイド2) - Switch

任天堂 2017-12-01
売り上げランキング : 131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Xenoblade2|オンラインコード版Xenoblade2|オンラインコード版

任天堂 2017-11-30
売り上げランキング : 566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【Switch用追加コンテンツ】 Xenoblade2 エキスパンション・パス|オンラインコード版【Switch用追加コンテンツ】 Xenoblade2 エキスパンション・パス|オンラインコード版

任天堂 2017-11-30
売り上げランキング : 487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • オクトパストラベラー/switch
  • DQ10/PC(休止)
■新作購入予定ゲーム
  • 絶体絶命都市4/PS4
  • 最悪なる災厄人間に捧ぐ/PS4
  • RDR2/PS4
  • Anthem/PS4
  • Marvel's Spider-Man /PS4
  • ポケットモンスター Let's Go!/switch
  • すばらしきこのせかい -Final Remix-/switch
  • シュタインズゲートエリート/switch
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/switch
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
523位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
102位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター