スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オクトパストラベラーをプレイして思うこと

OCT.jpgタイトルオクトパストラベラー
機種PS4
発売日2018年7月13日
開発アクワイア
販売スクウェア・エニックス
トロフィー/実績取得率 - 
個人評価ランクB

~今までのゲームレビューリスト~






今回はスクエニから発売された『オクトパストラベラー』について
裏ボスまでクリアーしたので
プレイして思ったことを述べたいと思います。



自分が当時プレイしていたSFC時代は、
周りでは「RPG」が一番のメインストリームであり
いろんなソフトはバンバン発売されていましたし
名作と呼べる作品も多かったです。

時代は代わりSFC時代のドット絵から
ハードはPS、SS、N64のポリゴンにシフトしていき
FF7は当時革命的な変化だったと記憶しています。
(※面白いかどうかは別として)

ソフトが「カートリッジ式」から「ディスクメディア」になり
容量も増えて、これからどんなRPGが登場するのだろうと
未来に希望を持っていましたが
面白いといえる「RPG」が近年減っているように思えます。
「もうすごいムービーとかデモとかグラフィックとか
どうでもいいから昔のドット絵RPGを
すごいボリュームとクオリティで出してほしい」
そんな思いをずっと抱いていたのですが
それに応えるかのような内容だったのが
「オクトパストラベラー」でした。



前置きは長くなったのですが、
3Dモデル全盛の時代に敢えてドット絵のようなグラフィックで
かつ、エフェクトやMAPの奥行きや背景などは3Dにし
2Dと3Dが融合した、まさに「自分が求めていたRPG」だったのです。

戦闘もターン制のコマンド式の戦闘で
敵の行動パターンや行動順の予測から
自分の手を決めるじっくり考える楽しさがあり、
今作の特徴は敵にに有効属性の武器種と魔法種が
各敵に設定してあり、有効属性で特定数攻撃しないと
高いダメージが与えられず、
RPGのお約束でもある弱点が可視化され
積極的に狙っていくシステムも良かったと思います。

ストーリーは各主人公8人がそれぞれ
目的を持って世界を旅してくのですが
ありがちな、「世界崩壊」や「強大な魔王」的な要素は
「表向き」は無く、それぞれ全く方向性が異なった
主人公たちのストーリーは面白かったです。

また、ネタバレですが各主人公たちの
一見繋がっていなそうなストーリーは
実は繋がっていたという伏線回収も良かった点です。



簡潔に述べると、大雑把な感想は以上なのですが
オクトパストラベラーをプレイしていて思ったことは
「なぜ、今のRPGと比べ魅力や面白さを感じたのだろうか?」
「なぜ、昔のRPGは面白かったのか?と思っているのだろうか?」という点。
昔のRPGは面白かったという理由の大部分は「思い出補正」だったり
「懐古主義」だったりするのではあるのでしょうが、
では、新作であるオクトパストラベラーが魅力的に感じた理由を考えてみました。

理由の1つに「情報量」の差なのではないかと思ったりします。
今や最新のゲームは解像度は4Kに移行しようとしており
緻密に描かれたMAP、キャラクターなど
当たり前ではありますが1画面に表示される情報量は、
昔に比べて大幅に増え、
ゲーム内で出来ること、コントローラーで操作することも増えました。

表現内容が幅広くなり、できることも増えるのは
見た目やインタラクティブ性が上がり
ゲームとして「良い物」ができそうですが
実際はそうでは無い気がします。

昔プレイした古いゲームであったり
今作のオクトパストラベラーと
近年出たゲームを比べ、どういった内容だったかと
思い出してみると、加齢もあるでしょうが
近年発売されたゲームは印象が薄く内容を覚えてることが少ないのです。
自分は最新のソフトばかりでなく
古いソフトもプレイするのですが、印象に残るのは
古いゲームの方が多いと思います。

それは「情報量」が多すぎると人が(自分がだけかもしれませんが)
覚えていられる許容量を越えてしまい
印象に残りにくくなってしまっいるのではないかと思いました。
BGMに関しても音数が少なかった昔のゲームBGMの方が
メロディーがわかりやすく聞くことができ
耳にのこっているものが多いと思います。

では、悪く行ってしまえば「汚いグラフィック」のほうが良いのか?
簡単なゲームの方がいいのか?
最新のゲームはどれも印象に残らないのか?と問われると
そうではなく、印象に残すためのインパクト
言い換えれば「感情の大きな変化を起こすような事情」をうまく取り入れたり
引き込まれるようなストーリー展開や設定であったり
伝えたい事を的確に伝えることができている
ゲームは印象に残るものになっています。

まあ書いてて思うのは、当たり前のことなのですが
表現できる幅が広がって、グラフィックや設定、ストーリーなど
複雑化してしまっている中で、「わかりやすさ」、
「本当に伝えるべきことの取捨選択」を
上手く取り入れられていることができている
ゲームが少ないのではないかなと思う次第です。

オクトパストラベラーはプレイしてみて
心を打つような話は少ないですし
全体的に割とあっさりしているかと思います。

ただ、ゲームをプレイして目から入ってくる
「情報量」の少なさであったり「コマンド式の戦闘」や
「キャラ育成」が、そこまで複雑化していないということもあり
プレイをしていて各キャラクターのテキスト会話に集中して
読むことができたり、ドット絵の少ない動きを頭で補完して
情景を浮かべたり、戦闘や育成に関しても
複雑化していなくとも、考えながら戦闘を行ったり
どう育てていこうとキャラ育成を考えたりと
受け取った「情報量」の後の考える余地が生まれ
印象、記憶に刻まれていっているので
印象に残り魅力的に思えたのではないかと推測したりしました。


人が受け取れる「限界数値」みたいなものが
明確にわかって線引きすることができて
ゲームを作れれば、簡素であったりドット絵じゃなかろうと
印象に残るものが生み出せるのではないかなと思ったりします。



ゲームの感想というよりかは
内容とは違う観点からのコラムみたいになりましたが
兎も角、ドット絵のRPGが好きだった人や
今の最新ゲームはちょっとついていけない人には
オクトパストラベラーはすごくおすすめです。
なんだかんだで凄いゲームもやはりプレイしたいですが
こういった趣向のゲームも、今後発売していってほしいものです。

そしてドット絵だろうムービーがなかろうと「トレサ」がすごくかわいかった!



オクトパストラベラー - Switchオクトパストラベラー - Switch

スクウェア・エニックス 2018-07-13
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

OCTOPATH TRAVELER|オンラインコード版OCTOPATH TRAVELER|オンラインコード版

スクウェア・エニックス 2018-07-12
売り上げランキング : 646

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • オクトパストラベラー/switch
  • DQ10/PC(休止)
■新作購入予定ゲーム
  • 絶体絶命都市4/PS4
  • 最悪なる災厄人間に捧ぐ/PS4
  • RDR2/PS4
  • Anthem/PS4
  • Marvel's Spider-Man /PS4
  • ポケットモンスター Let's Go!/switch
  • すばらしきこのせかい -Final Remix-/switch
  • シュタインズゲートエリート/switch
  • 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL/switch
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。