Days Gone をプレイして思うこと

Daysgone.jpgタイトルDays Gone
機種PS4
発売日2019年4月26日
開発Bend Studio
販売SIE
トロフィー/実績取得率100%
個人評価ランクC

~今までのゲームレビューリスト~







以前、Vitaのアンチャーテッドを開発した「Bend Studio」が手がけた
パンデミックが発生した世界のオープンワールドゲーム「Days Gone」について
トロコンまでプレイしてみて思ったことを述べたいと思います。



■パンデミックな世界でのオープンワールド
舞台はパンデミックが発生し謎のウイルスによってフリーカーと呼ばれる
ゾンビのようなものが徘徊するオレゴンをモチーフとされた世界。
アメリカの田舎風景が多く、街はあっても近代的な建物はほぼ存在しない上
昼夜や雨雪等の天候変化はあるものの
風景に変わり映えがせず、マップ規模も余り広くないので
いろいろな場所にいっても楽しみが少なく飽きてきます。

ストーリーやサブクエストの内容も
「〇〇を倒せ」もしくは「〇〇を探してこい」しかないので
やることがワンパターン。

個人的にオープンワールドの楽しみといえば
心躍るような怪しい場所、建物、探索その結果として何かの入手。
もしくは通常だった頃やどうしてこうなったかを
推測させるような建物や物の配置、その状況を説明する読み物だったりを
入手して、その様子を知る。
といった探索と結果がしっかりしているものが面白いといえると思っていますが
このゲームに関しては、家などの建物内に入れますが
ただ朽ちているだったり、特別ななにかを入手できたりしないので探索し甲斐が薄いです。
一応、それに該当する「NERO」という謎の研究者たちの痕跡から
上記を満たしているものはあり、ステータスアップなども行えるのですが
数が多くはない上に、ステータスアップという要素があるが故に
そちらが主目的になってしまっているような気がします。

また、ボイスレコーダーにより当時の音声が聞けますが
正直、内容的な意味で何を言ってるかよくわからず
感情移入もしにくかったです。



■このゲームの特徴の「大群」
PVでも登場し、このゲームの最大の魅力とも言える
「大群」と呼ばれる、凄まじい数のフリーカーとの対峙は
最初は衝撃的でありましたし、武器が揃っていない序盤は
為す術なく殺されるので、移動中に出会ってしまった時の
どうにかやり過ごす緊張感というのは
このゲームでの醍醐味ではありました。

PV等で紹介された場所での「大群」の殲滅がストーリー上で訪れますが
尋常じゃない数を倒すため、地雷などの罠を仕掛けたり
MAPギミックをうまく使い戦略的に倒すというのが
このゲームで一番おもしろいと思えたシーンでした。
ですが、その場所以外の「大群」はMAPギミックがほぼ皆無であり

1、見つからないように「アトラクター」と呼ばれる音が発生するアイテムを投擲します

2、集まった所に「ナパーム火薬瓶」という火炎瓶を投げ入れます

3、残りを走りながらマシンガンで倒していきます

このパターンですべて倒せるので
恐怖していた「大群」も緊張感や達成感の楽しさは最初だけであり
全ての大群をクリアーしましたが、ずっとワンパターンで処理をする作業に
なってしまって残念でした。



■ストーリーもいまいち
所々に良いところはあったのですが全体的に見ればストーリーに関しても
とても良かったとは思えなかったです。
主人公の中盤までの行動原理がこのゲームの最終目標であったなら
まだ納得はいったかもしれないのですが
それが終わる前段階で達成されてしまい
感動や達成感が非常に薄くなってしまっているように思います。

もう1つの話として題材となり得るだろう、
パンデミックが起こってしまった世界での原因や黒幕だったりの
話があれば、まだよかったのですが
これも結局中途半端で終わってしまうので
最後までプレイして、「で、このゲームで語りたかったこととは一体…?」と
エンドロールを見ながらなんの感情も湧きませんでした。

言うなれば、ストーリーのフックがなさすぎて
のっぺらしてる感じです。

あとは何か重要な会話であったり、感情変化をもたらすシーンであったとしても
RDR2でも同様に見受けられた、会話を全て聞かせたいが為に
移動速度を制限したり、走れなくしたりして
クソとろい移動をしながら無理矢理話しを聞かされるという作りに
相当イライラしました。
会話後にムービーが入るものなら、「もう最初から全部ムービーにしろよ!」と思うほど。



■レベルデザインが悪い
面白かったと思う「大群」以外にも、面白いと思える点は一応ありました。
ゲーム開始時に雨降りしきる夜に、こちらの武器はほぼなく
フリーカーが徘徊する夜道を進んでいくというシチュエーションは
緊張感が溢れる楽しい部分ではあったのですが
この少し後にバイクに乗れるようになった時点でその緊張感は無くなりました。

バイクで敵も追いつけないようなスピードで移動できるし
こちらの手持ちも初期はひ弱であるので
わざわざ戦う必要もないし、バイクで走ってれば良いという
サバイバル感や緊張感などは早々に破綻していると思います。

投擲武器や格闘武器など戦闘を有利にするアイテムは
道中に落ちている素材を拾ってクラフトすることで作れるのですが
所持制限が低かったり、初期は作れるものが限られているので
わざわざ降りて拾いに行ったりすることも意味がないので
サバイバル感の無さをさらに加速させています。

Lvが上がりスキルを取得したり
ストーリーを進めると所持制限が上がったり
作れるものも増えてくるのですが
その時点では最早、重火器だけでもどうにかなったりするので
探索とクラフト要素が活かせていないです。

また、各キャンプには働きに応じて「信頼度」というものがあり
そのレベルを上げることで、バイクのカスタムや
購入できる武器などが増えていくのですが
道中でランダムに発生する救助者を送り込んだり
せっせと敵を倒して集めた素材を換金して「信頼度」を上げる行為を行っていましたが
終盤に「大群」を倒すだけでモリモリ信頼度が上がっていくので
中盤まで信頼度を頑張ってあげていたのは一体何だったのだろうと思えます。

大群を倒すだけで信頼度が上がるので
道中でランダム発生するイベントなどは最早やる必要もないので
ただでさえ微妙なオープンワールドが
さらに微妙になっていく次第です。

最初は不自由で徐々に強くなっていくというのは間違いではないのですが、
全体的に面白さを引き出すレベルデザインとはなっていないのが
このゲームの最大の駄目な点なのではないでしょうか。



かなり期待していた作品だったのですが
色々と残念な点が多く肩透かしを食いました。
アプデで改善はされていますが、アプリケーションの強制終了や
様々なバグ、洋ゲーで最近流行っている?ボタン長押しのインタラクティブも
ボタン押しの時間が長すぎてストレスでしかなかったり
ラストオブアス、L4D2、RDR2をやってると非常に既視感を感じ
色々なゲームを見繕って、まとめるのに失敗したゲームといった印象を終始感じていた次第です。

ただ、クソゲーか?と言われるとそこまでではなく
つまらなくはないけど、面白くもない、たまに面白いといった
大作を謳った凡ゲーかと思います。



【PS4】Days Gone  ( デイズゴーン ) 【早期購入特典なし】 【CEROレーティング「Z」】
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019-04-26)
売り上げランキング: 18


関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Hitman Blood money/Xbox360
  • THE Division2/PS4
  • DQ10/PC(休止)
■新作購入予定ゲーム
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
1363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
239位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター