ゲームレビュー Alan Wake


o0213029911522924094.jpg

Alan Wake
XBOX360
Xbox360_01.gif

発売日:2010年5月27日
開発元:Remedy Entertainment
販売元:マイクロソフト

個人評価ランク A

~ゲームレビューに関してはこちら~







ストーリー「彼は何も知らなかったのだ」

自分が書いた小説の登場人物に命を狙われるという

悪夢の中で、眩い光と共に何者かがそう告げていた……。


全米を代表するベストセラー作家アラン・ウェイクは

深刻なスランプから脱出するため妻のアリスと共に住まいの

ニューヨークを離れ、大西洋沿岸部に位置する

田舎町『ブライトフォールズ』を訪れた。

広大な森林に囲まれ、穏やかな湖と灯台を擁する美しい景観は

アランの苦悩を和らげるものであったが

それでも筆を進めるまでには至らず、宿泊先である

コールドロンレイク中央部のダイバー島に建てられた

キャビンでタイプライターを持ってきたアリスと喧嘩してしまう。

アランがたまらずにキャビンを出た直後、悲鳴と共に

アリスが湖へと落ちていった。

救助のためアランは湖へ飛び込み、直後に大破した車の中で目を覚ました。

何が起こったのか理解できず、だがそれでも妻の安否を

確かめようと夜に覆われた森の中をキャビン目指して走るアランは

悪夢の中でも登場した『闇』を纏う多数の何者かに襲撃される。


銃を撃ってもびくともしない敵に追い詰められたアランだったが、

夢の中で聞いた声に従いライトの光を当てると闇が取り払われ、

そこへ銃弾を打ち込むことでようやく敵を撃退する事に成功した。


目的地へ向かう中、アランは散乱したコピー用紙を発見する。

用紙にはどういうわけかアランが次作として構想していた

作品のタイトルが書かれていた、その後も至る箇所で

小説の一文が書かれたコピー用紙が発見され、

アランはそれが自分の身に今起こっている出来事を

正鵠に描写した文章である事に気が付いた───。



俺は黒ウーロン、ゲーマーだ。

この作品は前々から気になっていた。

プラチナコレクションが出るまで待っていたのだ。

だが込み上げて来るこのゲームに対する衝動が抑えきれず

気が付いたら購入していたのだった。


買うかどうかを1ヶ月も悩んでいたのだ。

無理も無い。俺は自分の気持ちに正直に生きる事にしたのだ。


PS3にアンチャーテッドというゲームがあるが

あのゲームをプレイする映画と例えるなら

アランウェイクはプレイするドラマなのだ。


主人公のアランは作家だ。

謎の悪夢から始まり自分が書いた事が現実になるという

不思議な事件に巻き込まれていくのだった。


毎チャプターの終わりは次を期待させる演出だった。

それが心を擽る演出でもありまたチャプター終わりには

各章ごとに違う曲が流れ、始まりには前回のあらすじを述べるといった

ドラマ的手法だったのだ。

俺は夢中になり一気にクリアーしてしまった。

終わり方には些か疑問を持ったがこのゲームは面白かったのだ。


このゲームの主人公は先程述べた通り作家だ。

作家なのでダッシュしてもすぐ息が切れるおっさんだし

武器も現実の物しか登場しないのだった。

敵は闇であり対抗手段は光なのだ。


o0800045011528782336.jpg


フラッシュライトで闇を引き剥がし戦うのだ。

主人公はただの一般人だが寸前でスローモーションになり

回避が出来るシステムが搭載されており

アクティブな戦闘が行えるのだった。

戦闘方法は限られた物なので若干飽きがくるかもしれない。


だがこのゲームは戦闘が主では無く

あくまでストーリーを楽しむものなのだ。

先が気になって進めてしまうのだった。


難易度はストーリーを重視しているので

戦闘はあまり難しくは無く

一番難しい難易度ナイトメアで丁度いい位だった。


そういった点もアクションがあまり得意じゃない人にとって

作られているんだと俺は実感したのだった。


また誉める点があるならば

このゲームは景色の作りこみが凄い事だった。


o0800045011528782337.jpg


箱○独占のソフトでは絶対的な突き抜けた描写能力が高いゲームは

未だに出会った事が無いと思い返して実感した。

だがこのゲームはその景色の描写能力が突き抜けた高さであり

今更ながら次世代を感じさせてくれるソフトだと思ったのであった。



ところで俺は難点を探してみた。

あったのだ!俺は身震いをした。


そう、一本道でストーリー重視であるからこそ

何週も遊べるゲームでは無い点なのだ。

また強制的に見せられるイベントが存在し

飛ばせないので、実績を取るのには苦労したのだった。


俺はそこに苛立ちを隠せないでいた。

だから点数が減点されているのだ。


そしてもう1つはDLCの存在だったのだ。

クリアー後の話として2つ配信されている。

だが第一弾のDLCが酷かったのだ。


本編の物語は謎を残したまま終わってしまうのだった。

その不明確な部分がDLCで分かると思って購入したのだった。

だが現実は甘くなかったのだ。

俺は苦虫を噛み潰す様な思いだった。


560ゲイツも払って遊ぶ価値が無い物で

非常に落胆させられたのだった。

短いストーリー、本編の使い回し

大して進展しない物語など

第二段はまだ許せる範囲なのだが兎に角第一弾が酷い。


第二段は第一弾の続きなのだが正直俺は第一弾は不要だと思った。




その2点を除けば素晴らしいゲームだと俺は思ったのだった。

ローカライズもちゃんとされており

また吹き替えの声優もまさにベストマッチしているのだった。

その点は非常に評価したいと思った。



今回の日記はアランウェイク風に書いてみたのだった。

だがこれは非常に書きにくいのだった。

後半から飽きてきたのだ!自分自身に驚愕を覚えたのだった。

続編も作られる様な噂も出ているので俺は歓喜した。

次世代機だろうと次世代機じゃなくても2が出たら

俺は迷わず購入するだろう。

いつまでも値崩れしない理由が分かるゲームだとやってみて思った。


そう……海だ!



Alan Wake Xbox 360 プラチナコレクション Alan Wake Xbox 360 プラチナコレクション

日本マイクロソフト 2012-03-08
売り上げランキング : 2011

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Alan Wake (アラン ウェイク) リミテッド エディション (ゲーム追加ダウンロードカード同梱) Alan Wake (アラン ウェイク) リミテッド エディション (ゲーム追加ダウンロードカード同梱)

日本マイクロソフト 2010-05-27
売り上げランキング : 10615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • Forza Horizon2/XboxOne
  • カグラPBS/PS4
  • ライトニングリターンズ/Xbox360
  • レインボーシックスシージ/PS4
  • アサシンクリードユニティ/PS4
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • スプラトゥーン2/switch
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • FF12/PS4
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
671位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
127位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター