ゲームの墓場 第2回 「これ音ゲーじゃない!演奏ゲーや!」

合わなかったゲームを 叩く 紹介するコーナー第2回

第1回はもうテンプレの用なソフトでしたが

今回は周りの評判はそこまで悪くないソフト。

それでは第2回のソフトは…








bandp.jpg

大合奏!バンドブラザーズP


3DS

発売日:2013年11月14日
開発元:任天堂 インテリジェントシステムズ
販売元:任天堂









決して上手な腕前じゃないですが

ゲーセンに通い、ビートマニアのjam jam reggaeでYo!Yo!したり

DDRのパラノイアで胸ポケに入ってる物を撒き散らしたり

ギタフリのP.P.R.でナーナーナーナナナーナしたり

ドラマニのThe Sun shine through rainで気分はJazzドラマーで悦に浸ってたり

DIVAアーケードでルカルカ★ナイトフィーバーで

コントローラーが壊れないんだろうか?とフィーバーしたり

CSで出た音ゲーコントローラーはあらかた購入していて

一応ギターやピアノなぞも習ってたりはしました。



そんな私が最近お気に入りのmirai2をプレイしながら

曲間奏中に楽器ソロもエセ楽器プレイしているような

ゲームができたらなぁと思ってましたが

そんな時にそういえば大合奏バンブラPなんてソフトもあったなぁと思い出し

購入に至った訳です。



さてゲームを起動し初めに待っているのが

ニンテンドーダイレクトでも触れられていた

自分の画像を写真で撮って取り込み、声もマイクから拾って

クリプトンのボーカロイドシステムを使って

自分自身の分身をプレイヤーキャラとして作れる作業です。


アイディアや技術進歩の凄さを感じる要素ではあると思うんですが

これに対して思ったのが

「なぜMiiにしなかったのか」ということ。


声はともかく、不特定多数に自分の顔をすれ違いやネット合奏で晒すような

勇気のある方はそんな多くは無いんじゃないかと思いますし

一応顔出ししたくない人にはグラサンもしくはグラサン+マスクを

付けることが出来て顔を隠す事が出来ますが

このパーツを自由に変更出来ないので

なんとも微妙なキャラを配信することになったりします。


こんな可愛くもかっこよくも個性が感じられなキャラになるようなら

最初から容姿はMiiでやればよかったんじゃないかと思います。



そんな最初からの違和感にぶち当たりながら

設定を進めていくと

チュートリアルを兼ねて各モードを選択する度に

各場所の説明?のムービーが入り

演出なのか片言の日本語を話す外人?のナレーションが入ります。

これが数秒なんですがスキップ出来ません。

しかも知っても知らなくてもどうでも良いナレーションで

1回しか流れないとは言え「ゲームやりたいんだからさっさとやらせろよ!」と

突っ込みたくなりました。



そんな儀式を終えてようやくゲーム本編のプレイが始まりますが

内容に関しても色々突っ込みたい所が出てきましたよ。

プレイするにあたって難易度が用意されていて

初心者向けとされるタッチペンでマイク?を動かして

落ちてくる譜面をキャッチして演奏するビギナーモードと

難易度によって押すボタンの種類が増えるボタンモードが用意されています。


bigi.jpg botan.jpg



左がビギナーで右がボタンです。

さてこれが曲を覚える、聞くといった点では

ビギナーはありだとは思いますが

ボタンモードと全く操作が違うのでビギナーでやっても

今後のボタンモードの練習に全くなりません。

しかも個人的には正直ビギナー操作の方が

ミスが多くなってBAD、MISS判定が多くなって何がビギナーなんだか分かりません。



ボタンモードでは本当の楽器の演奏通りのボタン数なので

演奏している気分は味わえますが

難易度によって変わってくるのがボタンの押す種類なので

ノーマル難易度でも譜面的にかなり厳しい動きになる物があります。


また全く演奏通りなので同じパート(ボタンパターン)の繰り返しだったり

演奏楽器によってはパート数が少なくて

出番が来るまで画面を見続けているという孤独感が味わえます。

音色が増えたり演奏楽器が増えるのはいいと思うのですが

これがいざ合奏となった時に不人気楽器が出たり

パートが少ないと見てるほうが多いとかになったりして

これをプレイしていて面白いんだろうか?と疑問に感じたりしました。



プリセット曲の4曲を全パートをプレイして

思ったことは、このゲームに対しての認識の違いでした。

タイトルに付けたとおり、このゲームは

「音ゲーじゃなくて演奏ゲー」だということ。


本当の楽器の様に練習を重ね上手く演奏できるようになり

合奏することで演奏の楽しさを味わうことが出来るんだと思われますが

同じパートの繰り返し、パートによって手持ち無沙汰になるなど

今までプレイしてきた音ゲーの楽しみ方とは違うので

コレジャナイ感を感じてしまいました。



練習して上手くなるといった点は普通の音ゲーも一緒ですし

バンブラPには曲テンポを落としたり

譜面を巻き戻ししたりと"練習する"為の機能があり

実プレイしながら習得していくといった既存の音ゲーと違い

習得がし易くなっておりますが

現実の楽器とやってる事が一緒で地道感というか

楽器によっては半ば作業感で

リアル過ぎて色々楽しもうというよりかは

本当に気に入った楽器でしかやりたくない気分になってきたりで

膨大な練習時間を考えるとモチベーションが上がらなかったです。



また少し話題になりましたが

曲取得によるトマトシステムも著作権の問題があったりで

仕方ないとはいえ、1曲練習して演奏出来るようになったら

次の曲を…といったプレイスタイルが取れない為

ゆっくりやりたかった自分にとっては

5ヶ月以内に100曲選ぶという期限に迫られた感を感じたくなくて

ゲーム内容も考慮しコードを使わずにプリセット曲のみで

このゲームを見限りました。


ネットを使った合奏に関しても

持っていない曲でも参加可能とありますが

初見だと結構無理ゲーな感じがしますし

トマトシステムから察するに持ってない曲は

練習出来ない気がして合奏に魅力をそこまで持てなかったのもありました。




恐らくプリセット以外の自分の好きな曲や

ネットを使った合奏モードなどをプレイしたり

演奏が上手くなれば感想は全く違ってくると思われますが

自分が期待していたものと差異が出てしまったのは非常に残念なソフトでした。



大合奏! バンドブラザーズP
大合奏! バンドブラザーズP
任天堂 2013-11-14
売り上げランキング : 176


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

黒ウーロン

Author:黒ウーロン
罪深き積みゲーマー
日曜か月曜に隔週くらいの更新です。

相互リンク&RSS募集中です。

ゲーム状況
■Now Playing Games
  • DQ11/PS4
  • スプラトゥーン2/Switch
  • DQ10/PC
■新作購入予定ゲーム
  • 巨影都市/PS4
  • スーパーマリオオデッセイ/switch
  • ゼノブレイド2/switch
  • メトロイドプライム4/switch
  • メトロイドサムスリターンズ/3DS
最新記事
リンク
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
99位
アクセスランキングを見る>>
参加中ブログランキング
プロフィールタグ




Amazonゲームランキング
FC2カウンター